アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    LINEがアップデートされ、クローンiPhoneでLINEが使用不可に

    ベッキーの不倫騒動で話題になったLINEの流出経路、技術的にクローンiPhoneの可能性が高いと言われていたが、LINEは今回のアップデートで同一アカウントで2重起動できなくなった。
    http://ascii.jp/elem/000/001/123/1123900/

    以前、LINE社は
    http://linecorp.com/ja/security/article/52
    で、「iPhoneおよびiTunesの仕様上、複数のスマートフォン端末からアクセスが可能であるという件」と説明しており、これはApple側の仕様だからしょうがない、みたいな言い方だったが、実はアプリのほうでちゃんと対応できるのにしてなかったという・・・
    スポンサーサイト

    Viber

    ViberというiPhone用アプリが12月に入ってから話題になっている。
    これは、SkypeのようなVoIPアプリだが、Skypeと違って、アカウント名ではなく、電話番号自体をIDにしている。
    セキュリティに関しては、恐いところもあるのだが(iPhoneの電話帳をサーバー側に平文でアップされるらしい)、音質もよく、Skypeより優れているのは待ち受け時の消費電力がほとんど必要ないこと。

    iPhoneでのSkypeの常時待ち受けは、電池の持ちの問題でまったく実用的ではなかった。
    auのAndroidのSkype auも、この問題を回避するため、専用の(パケットではない)回線交換方式による特殊なアプリになった。

    Viberはセキュリティ面とビジネスモデルがよく分からないという不安があるのだが、汎用アプリでありながらこの待ち受け時の消費電力の問題が解決されており、自分の連絡先の中で誰がViberを利用しているのかも知るとこができる。
    Android版も来年の第一四半期にはリリースされるということで、もしかしたら、1年後とかには大ブレイクしているかもしれない。

    Jibbigo

    JibbigoというiPhoneアプリがあるらしい。
    http://www.ichibel.com/

    このアプリは、ネットワーク接続なしに、アプリ単体で、日本語←→英語の相互翻訳を行なってくれるという。
    ドコモのiアプリでは、「しゃべって翻訳(DX)」という、音声認識型の翻訳アプリがあって、プレインストールされている機種も多いのだが、これはネットワーク接続型で、認識率もあまりよくなく、パケット通信料もそれなりにかかってしまうものだった。

    Jibbigoの場合は、パケット通信不要なので、海外では非常に便利かも。
    iPhoneアプリとしては、ちょっと高めの3200円というお値段も、PC用ソフトと比べてみると、あるいは、英語辞書の値段と比べてみれば、そんなに高くないと思える。

    懸念する認識率の問題だが、いくつかレビューを見ると、結構使えそうな感じである。

    http://ameblo.jp/shoukai-jp/entry-10447286800.html

    http://blog.livedoor.jp/ishizueblog/archives/51332073.html

    と思ったのだが、iTunesのレビューを見ると、評価が真っ二つに分かれてる・・・
    試してみたいけど、私のiPhone 3Gでは動きません・・・orz
    年内には中国語版も出るとのこと。

    3G回線のSkype有料化撤回

    6月1日の記事で、iPhoneの3G回線経由でのSkypeの使用が可能になったが、来年からは有料化される予定ということを書いていた。
    しかし、http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20417187,00.htm
    によれば、Skypeはこの計画を撤回するそうだ。

    記事中の「2010年8月までに開始される登録制有料サービス」というのは、一番最初の発表が8月末までとなってたからだと思われる。(その後、年末までに延長)
    http://blog.sohaya.com/2010/06/01/skype-quietly-delays-charges-for-iphone-app-calling/

    iOS4の3GS、4限定だが、マルチタスク対応も、Skypeを普通の電話と同じように、待ち受けができるようになる大きな改善だ。

    Yahoo!地図

    iPhoneには、標準で「マップ」という地図アプリが入っているが、これはいわゆるGoogleマップで、大方はこれで問題ない。

    しかし、Googleマップは、バス停や、橋の名前などが地図に記載されていない。
    そういうものが見たい場合は、iPhoneアプリのYahoo!地図を使っていた。
    これは標準のGoogleの「マップ」と比べると、地図データの読み込み速度の遅さを感じるけど、PC版と同じく、バスの路線図、バス停、橋の名前などがちゃんと表示され、市や町などが見やすく色分けされて区別が付きやすく便利なので、「マップ」と時と場合によって使い分けていた。

    一ヶ月ほど前に、調べ物でPCのほうでYahoo!地図を出して地図を見てたら、どうもいつも見ていたYahoo!地図と感じが違う。
    バス停も出ないし、橋の名前も出ない、市や町も色分けされていない。
    あれ~と思って検索したら、こんなページが出てきた。
    http://blogs.yahoo.co.jp/yjmapstaff/59699562.html

    4月からデザインが変わったらしいが、コメント欄は、批判の嵐である。

    けれども、PC版ではマピオンが、前述の条件を満たして代わりとなり、iPhoneアプリのYahoo!地図の表示は以前と変わらぬままだったので、ひと安心していた。
    ところが、一週間ほど前に、iPhoneアプリのYahoo!地図にアップデートがあると通知され、アップデート内容を見てみると、

    「地図が新しいデザインに変更されました。」

    とのこと・・・

    Appストアでのレビューを見てみたが、ここでもこのバージョンからPC版と同じようになったことに対してやはり批判が多く書き込まれている。

    表示を元に戻してくれるのが一番有り難いが、そうでないなら、いつまで使えるのかはわからないが、iPhoneアプリのほうはこのままアップデートせずに使っていこう。

    iPhone 4発売

    本日、iphone 4が発売された。
    アップルストア銀座店には、500人以上並んだらしい。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100624/1032187/?top_rtx2

    昨日行った心斎橋店でも、午前5時の段階で120人ほど並んでいたようだ。
    http://ameblo.jp/kodawarisan/entry-10571767662.html
    販売開始の8時だと何人くらい並んでいたのだろうか。

    液晶に黄ばみがあるという報告が一部で出てきているのが、ちょっと気になります。

    カラーは、今回は、まだ発売されていないホワイトのほうが好みかな。
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。