アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    桜島

    二日間、あまり寝ていない上にハードな行程だったので少し遅くまで眠る。
    鹿児島は二回目だけど、連れも自分も桜島には行ったことがないので、今日は桜島観光と決める。
    近くのダイエーの中で、昼食を取った後、チンチン電車で、フェリー乗り場へ。
    フェリーの24時間営業という看板に驚く。またフェリーは日中なら10分おきに出航しているらしい。
    まるで電車みたいだ。24時間運行していることを考えると電車以上か。
    手荷物をロッカーに入れ、身軽になってフェリーへ。150円也。安っ。
    所要時間15分で対岸の桜島へ。
    着いたあたりの道路も、火山灰の細かい砂だらけで風が吹くと目が痛い。
    さて、どうするか、と観光案内とか見てみると、島内を一周してくれる市営の定期観光バスがあるみたい。
    これに乗車することにする。
    連れがトイレにいったままバスの出発時間になっても戻ってこないので焦る焦る。
    展望所もいくつかまわり、雄大な景色を堪能。
    山の方だけではなく、上から見る市街地方面の景色が絶景だった。

    と思いきや、この後、急に天気が悪くなり、大土砂降りの雨に。
    運良くバスの移動中だったが、台風のようなすごい雨だった。

    残念ながら観光中に噴火することはなかったけど、今年は非常に噴火の回数が多いらしい。

    帰りはチンチン電車ではなく、JRで鹿児島駅から鹿児島中央駅まで行き、空港行きリムジンバス乗り場へ。
    伊丹行き最終、定刻出発。

    なかなか大変な旅だったけど、気象条件等によるロケットの打ち上げ延期があったら、高速船欠航の件もあり、
    日程上、当初の目的は果たせなかっただけに、それが果たせてよかったと思う。
    関連記事
    スポンサーサイト

    宇宙センター見学

    昨夜は、民宿に戻ってしばらくしたら、深夜だけど、同宿者の皆さんから、居間での打ち上げ無事成功を祝ってのささやかな祝宴にお呼ばれした。
    同宿者の皆さんは、高そうな一眼レフカメラやハイビジョンカメラで撮りまくってたので、居間の大画面テレビにそれを次々繋げてそれを皆で鑑賞しながらビール飲み。
    機材なのか腕なのか、おそらくはその両方だろうけど、びっくりするくらい非常に綺麗に取れている。
    今回、我々が流木の影響で見られなかった昼間のロケット機体移動のシーンなども見せてもらえてよかった。

    本当は、せっかく種子島まで来たのだから二泊くらいはしたいところだったけど、今日も流木の影響で鹿児島~種子島間の高速船は全便欠航予定。
    明日以降もまったく見通しが立たないらしい。
    予約を取っている帰りの飛行機は、明日鹿児島空港19時20分発の大阪行きの最終便だけども、鹿児島空港は市内からかなり離れているため、もし明日も高速船が欠航になると、2便ある種子島から鹿児島行フェリーのどちらでも、飛行機の時間に間に合わなくなってしまう。
    というわけで、明日までいると大阪に帰れなくなってしまう可能性大なので、今日フェリーで種子島を出ることにする。
    4時間ちょっとの睡眠の後、今日は種子島宇宙センターの宇宙科学技術館見学と11時からの種子島宇宙センターの見学ツアーに参加するために9時半頃、宿を出発。
    宇宙科学技術館は、いろいろなものがあってかなり興味をそそられた。

    P1060264.jpg


    見学ツアーは、バスでセンター内のいろんなところを巡っていく形で、バスの中でも専門知識をもったガイドのひとがいろんな説明をしてくれるて非常に勉強になる。


    P1060280.jpg

    見学の後、急いで宇宙センターの土産物コーナーなどを物色した後、種子島を南から北までクルマでぶっ飛ばして港まで戻る。
    フェリーは行きとは、使う港の場所も船も会社も料金もちがう(少しだけ安い)フェリー屋久島丸。
    このフェリーは名前の通りもともと屋久島航路のフェリーだけど、いまだけ臨時で、鹿児島→屋久島→種子島→鹿児島と運行している。

    P1060362.jpg


    帰りもまたほとんど揺れることなく快適な船旅だった。

    P1060383.jpg

    P1060377.jpg

    鹿児島に着いて、お腹がすいたので、晩御飯を食べにいく。
    せっかくだから鹿児島らしいものを、と思ったけど、行きはラーメンで失敗したので、ネットで調べて今度はトンカツの「黒かつ亭」というところにした。
    鹿児島駅近くだったけど、このお店は当たり! お店も綺麗で、量もそこそこあって、すごくおいしかった。

    その後、ホテルへ。
    宿は、楽天トラベルの携帯版でホテルを探したら、東急ホテルが激安だったので、そこに決めていた。
    さすがビジネスホテルとは違って安かったとはいえ、部屋は落ち着いてるし、静かだし、ベッドはいいし、二日ぶりに安眠できそう。
    関連記事

    JAXA 種子島宇宙センター

    島に着いて予約していたレンタカーで早速、ロケット発射台へ行く。
    物資を運ぶ国際宇宙ステーションの軌道の関係で、今回は久々の夜間打ち上げ。
    打ち上げは今夜の午前2時1分。
    午後4時半頃からの3km圏内立ち入り規制までは、まだ種子島宇宙センターの中までクルマで入ることが出来るので、宇宙センター内のロケットの丘展望台方面を目指す。
    展望台に着く少し前に、ロケットを一望できるビューポイントに到着。

    P1060162.jpg

    P1060157.jpg


    その後、宇宙センターを通りぬけ、打ち上げ直前の3km規制実施後の最も近寄れる、恵美の湯近くの非公式見学場に行ったら、穴場というが噂通りのものすごい分かりにくい場所だった。
    下の写真はその穴場からのショット。

    P1060198.jpg


    その後、公式見学場の長谷展望公園に行き、

    P1060210.jpg


    同じく公式見学所の宇宙ヶ丘公園に行った。

    P1060216.jpg

    P1060223.jpg

    宇宙ヶ丘公園はちょっと遠く、非公式見学所はあまりに細い林道の上に、クルマを止めるスペースがかなり限られているため、夜にそこまでたどり着けるか一抹の不安があり、また、この二箇所は、ロケット下部が遮られて見られないので、見学場所は長谷展望公園にすることにする。

    予約してた民宿に行ったら、やはり同宿の人たちはみんなロケット見物組らしい。
    夕食は、焼肉バーベキュー。濃い話が交わされている・・・

    夕食を食べた後に、ちょっと早めに長谷展望公園に向かう。
    行ったときはそんなに混んでなかったけど、打ち上げが近づくにつれて、地元の人っぽいひともどんどん増えてきて混んでくる。

    そしていよいよ打ち上げ。


    http://www.youtube.com/watch?v=lpPHy0HWkrk


    雲が低かったのは残念だったけど、ものすごい音と光に圧倒された。
    実際に見て、これを日本の技術で打ち上げたのはすごいと思った。


    関連記事

    種子島へ

    宿泊したビジネスホテルのエアコンが壊れてるのかと思うほど、うるさくてあまり寝られなかった。
    こんなエアコンのホテルは初めてだ。
    高速船がやはり本日運休なので、フェリーで種子島へ。
    ホテルからタクシーでフェリーターミナルへ。
    フェリーターミナルには出航より1時間以上前の7時半に着いたけど、高速船運休の影響で、既に結構人が並んでいる。
    ここで、夜行バスで鹿児島まで来た友人と合流。
    そのうち人はもっと増え、乗客だけでなく、複数の新聞社のカメラマンや、テレビ局のレポーターまでやってくる。

    P1060101.jpg


    なんとか手続きも終え、いよいよ乗船。

    P1060109.jpg


    目の前には桜島。
    空はよく晴れ、海は穏やかでほとんど揺れず。

    P1060123.jpg


    種子島までの所要時間は、およそ3時間半。(高速船なら1時間半・・・)

    P1060125.jpg


    デッキでシートを敷いて、横になって、空を眺めながら、とても気持ちよくしばらく昼寝(朝寝?)する。

    P1060128.jpg


    当日に飛行機などで鹿児島入りして、高速船で種子島に渡ろうとしてた人は、朝出発のフェリーに間に合わないので、満席の飛行機にキャンセルが出ない限り、種子島に渡る手段がなくなってしまってたのだが、ネットでロケット見学関係の掲示板を見てると、有志で種子島まで漁船をチャーターしたらしい。
    それも一隻だけでなく、何隻も・・・ 
    ロケットを見るためだけに、種子島まで来るような人たちは、やはりすさまじい行動力だ・・・
    関連記事

    鹿児島へ

    鹿児島到着。
    鹿児島は、屋久島に行って以来だから、6~7年ぶりかな。
    行きの飛行機は、故障が多いと一時話題になった、プロペラ機のボンバルディアQ400。

    P1060081.jpg


    Q400のQは、QuietのQらしいが、プロペラの横の席だったからか、めちゃくちゃうるさい。
    また、ジェット機よりも与圧が弱いのか、耳がツーンとする。
    今後は、あまり乗りたいとは思わない機体だ・・・
    シートは2-2で、電車の座席みたい。
    ジェット機と比べて離陸後しばらくは、高度が低いところを飛ぶようで、上空から甲子園のナイトゲームがよく見えて、とてもきらびやかで美しかった。
    鹿児島空港は、市内からかなり離れてて、移動も電車はなく、バスのみなので、不便。
    晩御飯は、市内の鹿児島ラーメンで食べる。
    混んでたけ有名店みたいだったけど、味はそれほどでもないような・・・!?
    明日は、予定してた高速船の代わりに、フェリーわかさで、種子島入りすることになる。
    関連記事

    ロケット打ち上げ

    国際宇宙ステーションへ物資を運ぶHTVを打ち上げる初めてのH-IIBロケットの打ち上げ見学を友人から誘われ、明日、いよいよ種子島で打ち上げなので、見に行くことに。
    今回は日本のロケット打ち上げでは、久々の夜間打ち上げでもある。
    朝の高速船に間に合わなくなるので、前日から鹿児島入りする為に、今夜大阪を飛行機で立つのだけど、伊丹空港に向かってる途中、予約してた民宿のおやじさんから、高速船が流木の影響で運行が未定になったと携帯に電話があった。
    急いで携帯のフルブラウザーで運行会社のページで詳細を確認とったら、確かに航路の周辺海域に大量の流木が漂流していて危険な為、運行中止との旨が書いてある。
    高速船が運行中止されると、渡航方法は、高い飛行機か遅いフェリーしかないが、飛行機は既にだいぶ前から満席でいまも満席。
    フェリーだと、着くのがかなり遅くなるので、ロケットの機体移動は見れなくなる。
    行く前から多難・・・
    関連記事
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。