アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    交換

    展示品で買ったとはいえ、購入してから一ヶ月以内の話で、既に修理に二度も来て治らないのはさすがにひどいので、購入した販売店に電話をして状況を説明してみたところ、メーカーと相談してみますとのこと。
    それで、今日、連絡があって、別の機種に交換対応できるとのこと。
    ありがたくお願いすることにした。
    しかし、やっぱり展示品は恐いなぁ・・・。
    関連記事
    スポンサーサイト

    原因判明

    二回目の修理に来た。
    一回目のサービスマンのひとと同じひとだった。
    一回目の修理の時とは違って、昨夜からはもう電源入れて、なにか操作するとすぐ電源が切れる状態である。
    サービスマンの方が、筐体を開けてなにかすぐ確認をしていたが、どうやら背面の冷却ファンが回っていないらしい・・・。
    これですべての疑問が氷解した。
    つまり、ファンにはセンサーがついており、動作状態を本体に通知している。
    そして、ファンが動作しなくなった場合は、内部機器の保護の為、自動的に電源が切られるようになっていたのだ。
    いままでファンが完全に止まるのではなく、だましだまし動いていたような状態だったから、こんなにも原因究明に時間がかかった。
    しかし・・・サービスマンのひとは、このファンの交換用部品は今日、持ってきてないし、サービスセンターに在庫もいまはないかもしれないとのこと。
    結局、センターに電話で問い合わせされ、その場で部品の発注をされたが、部品が入ってきてまた修理に来るとのこと・・・orz
    年末で録りたい番組がいっぱいあるのに・・・
    関連記事

    直ってない

    昨日、修理してもらった後の夜、試しにいくつも予約録画をしてみて、それは朝確認したら大丈夫だったのに、日中に予約録画をしてたのは、またいくつかと録れてなかった。
    エラーはいつもと同じ。
    どうやらまだ直ってないようだ。
    ハードディスクも基板も交換しているのに、いったいどこが悪いんだ。
    また販売店の出張修理センターへ電話する。今回は当日中にパナソニックのほうから電話が折り返しあった。
    明日来てくれるとのこと。
    関連記事

    修理

    サービスマンの人が修理にきた。
    その時に幸か不幸か、症状は出なかったのだが、予約録画開始後、数分で録画が終了し、エラーメッセージが出ている画面を見てもらった。
    あまり見ない症状らしい。
    原因としては、基板とハードディスクのどちらかの可能性が考えられるという。
    修理内容としては、その基板とハードディスクを両方新しいものに交換するという。
    ただ、ハードディスクの交換をすると、録画番組がすべて消えてしまうので、残したい番組があるならディスクにバックアップを取ってもらう必要がある。その場合は、今日は修理せずに、数日後に再訪しますがどうしますか?とのこと。
    こちらとしてはバックアップは取った(ダビング中に電源が落ちて何度もやり直して苦労したが・・・)ので、修理をお願いした。
    ユニット交換なので、あっさりしたもので、基板とハードディスクの交換で10分かからず終了した。
    ハードディスクは交換前のも、交換後のも日立製だった。
    交換後に、録画や操作を試してみて、問題ないか見ていたが、今日は症状がでていないので、本当に直ってるのかどうか今の時点では分からない。
    まぁ、これで様子見てください、と。
    来てくれたサービスマンの人は、非常に感じがよいひとでよかった。
    これで直ってればいいが。
    関連記事

    到着

    アマゾンで注文したBD-REが宅配ボックスに配達されていた。
    配達はクロネコで、伝票を見ると、配達時間は、18時30分。
    アマゾンからの発送しましたメールは、12時17分に送付されていたが、荷物番号で追跡すると、クロネコヤマトでは10時29分に荷物受付になっていた。
    発送から配達完了まで、8時間しかかかっていない。
    すごい配送システムだ。
    必要にせまられれば、十分、350~500円の追加料金の価値はあるとおもう。
    商品のほうは、アマゾンのレビューで、相性からか一部で使えないとの書き込みがあったが、DIGAでフォーマット、録画等全く問題なし。
    これで、バックアップが取れる。
    関連記事

    アマゾンお急ぎ便

    結局、アマゾンで出てるビクターのBD-RE 10枚パック2720円が日本製で安いので、これを買うことにする。(どうも中身はTDKのOEMらしい)
    お目当ての商品は、0時までに注文すれば、お急ぎ便で350円の送料、0時を過ぎて午前9時半までに注文すれば、当日お急ぎ便で500円の送料で届けてくれるようだ。
    0時までに注文すれば少し安くなるのは分かってたが、あえて10月に新聞記事を読んでから、ちょっと試してみたかった「当日お急ぎ便」のほうで、を午前3時頃に注文。
    当日お急ぎ便の500円を払っても、量販店の価格よりまだ安い。
    当日お急ぎ便で、さて、いったい何時頃に届くのだろうか。
    しかし、信頼できる日本製のリムーバブルディスクが、25GBx10枚で、2720円とは安くなったものである。
    (しかもこれはスピンドルではなく、ケース入りで。)
    容量あたりの値段は、DVD-RW、DVD-RAMと比べて圧倒的に安い。
    250GBで、2720円ということは、1GBあたり、10.88円である。
    外付けハードディスクが、だいたい1TBで、10000円ちょっとぐらいで売られていることが多いので、ほぼそれと同等だ。
    いままでこういった計算だとハードディスクが圧倒的に安く、リムーバブルディスクはそれと比べるとだいぶ高かったのだが、ブルーレイがもっと普及すれば、ハードディスクの値段の下落を追い越してBD-REのほうが容量あたりの値段は安くなるかもしれない。
    関連記事

    修理依頼2

    12時頃電話がかかってくるはずだったが、3時前になってやっと電話がかかってきた。
    出張修理は明日でも行けるとのこと。
    明日はちょっと都合が悪いし、21日午後にしてもらう。
    さて修理に来てくれる日取りは決まったけど、どこが悪いのか皆目見当が付かないので、もしかしたら修理内容によってはHDDの交換ということもあり得る。
    そうなると当然、既に録画してあってまだ見ていない番組、残したい番組が消えてしまうので、バックップすることにする。
    ブルーレイの記録ディスクのことはあまり知識がなかったが調べてみたところ、ブルーレイは、一回だけ記録型のBD-Rと書き換え型のBD-REに、それほどの大きな値段の差がないようだ。
    DVD-Rに比べると、DVD-RW,DVD-RAMがかなり割高なDVDとはだいぶ違う。
    これは、DVDがDVD-Rが有機、DVD-RW,DVD-RAMは無機素材なのに対して、BDはどちらも基本は無機という差なのかもしれない。
    (LTH型という有機BD-Rもあるが、ソニーやパナソニックといった製造メーカー系は出していないマイナーな上に通常型の無機BD-Rに比べて品質が現段階では疑問視されている)
    というわけでバックアップメディアは繰り返し使えるBD-REを買うことに。
    修理日まであまり日がないので、メディアを買って帰ろうと、今日は梅田を通ったので、ジョーシンやヨドバシものぞいてみたけど思ってたよりアマゾンなどのネットでの価格より、かなりと割高だった。
    BDのディスクはフラッシュメモリと同じようにネットのほうがだいぶ安いみたいだ。
    物によっては同じ物が倍くらい違う。
    この段階で、ちょっと興味があった、先日、関西倉庫ができて関西なら多くの商品が即日配達できるようになったというアマゾンお急ぎ便を試してみようかという気になる。
    関連記事

    修理依頼

    リセットを試して、2日くらいは特に問題なく操作、録画できていたのだけど、やはりまた録画できてない番組が出てきた。
    これはもう修理だろうということで、購入店の出張修理センターに電話する。
    しかし、なかなか繋がらない。
    15分ばかりリダイヤルした後だろうか、やっと繋がり、症状や、既に一度パナソニックのサポートセンターに電話したことなどを伝える。
    翌日にパナソニックの担当者から電話があるらしい。
    出張修理に行ける日などはすべてそこで相談、という形らしい。
    電話する時間は指定できるとのことで、12時にお願いと指定しておいた。
    関連記事

    不調

    先月買ったDIGAがどうも調子悪い。
    最初にあれ?と思ったのは、今月の初めくらいで、予約していた番組が取れてなかったことだった。
    エラーメッセージには、録画時にコンセントが抜けていたか、電波状態が悪かったみたいなことが書かれているがもちろんそんなことはない。
    そのうち、操作中に電源落ち、予約録画してある番組の最初の5分だけ録れていて、以降録れてないとかの症状が時々起こりだした。
    かと思えば、まったく問題なく録画、再生できてたりする日もあったりして、何が原因なのか全然わからない。
    一応、コンセントプラグを一度抜いてみたり、B-CASカードをテレビと入れ替えてみたり、HDMIケーブルはたまに相性があったりするらしいので、パナソニック純正品ではないこの格安品が原因でHDMIリンク機能でなにか問題が起こってるのかと予約録画前に事前にHDMIケーブルを抜いておいたり、予約録画をビエラリンクのテレビ側からでなく、DIGAの番組表から試してみたり、いろいろ試してみたが、起こらないときは起こらないが、症状は変わらず。
    とりあえずパナソニックのサポートセンターに電話をしてみる。
    症状と試してみたことを伝えたら、いっぺん、DIGAのリセットというのを試してみてくれないかというので、言われた通り、電源スイッチオフや、コンセント抜いたりしてみた。
    これで様子を見て、まだ症状が出るようであれば修理依頼してくれとのこと。
    サポートの担当の人は非常に丁寧な感じだった。
    この後、いくつか予約録画をしてみたけど、今のとこ、症状は出ていない模様。
    治ってればいいけど。
    関連記事
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。