アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Firefoxのplaces.sqliteの再作成

    最近、Firefoxの調子が悪い。
    フリーズしたように反応がなくなったり、「Firefox は起動していますが応答しません」とか表示される。
    あと異常にメモリを食う。
    いくつかのプラグインを外したりしたが、あまり変わらない。
    なので、去年の11月にも一度した、places.sqliteファイルの再作成をしてみることにした。
    参考にさせていただいたのは、Firefox Hacks 翻訳日記 さんの以下のページ
    http://firefoxhacks.at.webry.info/200902/article_1.html

    自分の場合は、places.sqliteファイルがなんと163MBになっていた。(ちなみに去年の11月に再作成する直前で26MB)
    ブックマークのfaviconは必須なので、その手順でバックアップをして、places.sqliteを削除。
    で、Firefoxを再起動して、places.sqliteが自動で再作成された。
    ファイルサイズは、163MBから5MBになった。
    これでしばらく様子をみてみよう。
    関連記事
    スポンサーサイト

    3G回線のSkype有料化撤回

    6月1日の記事で、iPhoneの3G回線経由でのSkypeの使用が可能になったが、来年からは有料化される予定ということを書いていた。
    しかし、http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20417187,00.htm
    によれば、Skypeはこの計画を撤回するそうだ。

    記事中の「2010年8月までに開始される登録制有料サービス」というのは、一番最初の発表が8月末までとなってたからだと思われる。(その後、年末までに延長)
    http://blog.sohaya.com/2010/06/01/skype-quietly-delays-charges-for-iphone-app-calling/

    iOS4の3GS、4限定だが、マルチタスク対応も、Skypeを普通の電話と同じように、待ち受けができるようになる大きな改善だ。
    関連記事

    龍馬コイン

    坂本龍馬コインゲット!
    http://www.mint.go.jp/prefecture/page8.html

    えっ、どっちのほうかって?
    もちろん500円硬貨のほうデス・・・
    (だって1000円銀貨のほうは、売価6000円・・・)

    500円硬貨のほうでも、2種類の金属を使ったバイメタルコインで、バイカラー・クラッドという方法で、2種類の金属をはめ込んでいるちょっと珍しいタイプらしいです。


    DSCF1342.jpg
    関連記事

    Yahoo!地図

    iPhoneには、標準で「マップ」という地図アプリが入っているが、これはいわゆるGoogleマップで、大方はこれで問題ない。

    しかし、Googleマップは、バス停や、橋の名前などが地図に記載されていない。
    そういうものが見たい場合は、iPhoneアプリのYahoo!地図を使っていた。
    これは標準のGoogleの「マップ」と比べると、地図データの読み込み速度の遅さを感じるけど、PC版と同じく、バスの路線図、バス停、橋の名前などがちゃんと表示され、市や町などが見やすく色分けされて区別が付きやすく便利なので、「マップ」と時と場合によって使い分けていた。

    一ヶ月ほど前に、調べ物でPCのほうでYahoo!地図を出して地図を見てたら、どうもいつも見ていたYahoo!地図と感じが違う。
    バス停も出ないし、橋の名前も出ない、市や町も色分けされていない。
    あれ~と思って検索したら、こんなページが出てきた。
    http://blogs.yahoo.co.jp/yjmapstaff/59699562.html

    4月からデザインが変わったらしいが、コメント欄は、批判の嵐である。

    けれども、PC版ではマピオンが、前述の条件を満たして代わりとなり、iPhoneアプリのYahoo!地図の表示は以前と変わらぬままだったので、ひと安心していた。
    ところが、一週間ほど前に、iPhoneアプリのYahoo!地図にアップデートがあると通知され、アップデート内容を見てみると、

    「地図が新しいデザインに変更されました。」

    とのこと・・・

    Appストアでのレビューを見てみたが、ここでもこのバージョンからPC版と同じようになったことに対してやはり批判が多く書き込まれている。

    表示を元に戻してくれるのが一番有り難いが、そうでないなら、いつまで使えるのかはわからないが、iPhoneアプリのほうはこのままアップデートせずに使っていこう。
    関連記事

    アビック閉店

    ソニーショップのアビックが全店閉店するとのこと。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000670-yom-bus_all

    この記事を読むまで、アビックがソニー直営店だったとは知らなかった。
    しかし、記事中の
    「直営店戦略は、ハワード・ストリンガー会長兼社長がアップルの直営店舗「アップルストア」に対抗するために打ち出した。」
    ってのはどう考えてもおかしい。
    この戦略は、ソニーストアのことで、アビックとは関係ない。
    なんせ、大阪日本橋のアビックは、自分が知ってるだけで少なくとも、21年以上前からあった。

    読売新聞は、大昔からあったソニーショップのアビックと、今年から展開しているソニーストアのことを混同しているようだ。
    ソニーストアのことは
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/ce/20100323_356384.html
    の記事が詳しい。

    調べてみると、アビックは、ソニーマーケティングの100%子会社のようだ。
    http://ginza.keizai.biz/headline/1217/
    1960年代からあるというと、20数年どころか、50年近く前からあるということか。

    読売の記事のほうに
    「大阪の電器街・日本橋の店舗などは、「国内最大級のソニー専門店」をうたい、高品質なソニー製品を体感できる店舗作り」
    なんて書かれていたが、日本橋のアビックは、一般量販店との差別化を大きく打ち出すことができず、ここ数年は2階なんて、しょぼい処分品コーナー&物置みたいな感じになっていた。

    ヨドバシカメラやビックカメラみたいな超大型量販店がまだ少ない時代には、「ソニー製品を体感できる」というアビックの存在価値は大きかったと思うが、展示も体感コーナーも十分ある超大型量販店が増え、ソニー自体が、ソニー専門とはいえ一般量販店的なアビックよりも、もっと体感やアフターサポートに力を入れたソニーストアを展開するに至っては、アビックはその役目を終えたと思える。
    関連記事

    大雨

    毎日毎日よく雨が降る。
    梅雨だから、といえばそうだけど、こんなに降り続ける梅雨のシーズンもあまり記憶にない。
    川西市黒川では、土砂崩れで国道が流されたとのこと。

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100715/dst1007151330007-n1.htm
    http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0003203106.shtml

    黒川っていったら、妙見山の妙見ケーブルの駅のあるところだ。
    http://maps.google.com/maps?ie=UTF8&ll=34.922886,135.448809&spn=0.024983,0.087891&z=14

    3年前に、日生中央から一庫ダム~知明湖~黒川~妙見山というハイキングをしたことがある。(黒川~妙見山はケーブルカーとリフト)
    帰りは、黒川駅から妙見口駅まで、国道477号線を歩いたけど、こちらは下るとすぐ兵庫県から大阪府に入ってしまうので、崩落したのはおそらく黒川駅より北側のほうの兵庫県側。
    なので、そこを歩いてはいなさそうだけど、県道605号線がしばらく平行してるので、その辺は歩いていたなぁ・・と。
    まぁ、崖崩れが起きても全然不思議ではないところ。
    関連記事

    アナログ停波への道2

    昨日のマイコミの記事の内容が、他で書かれていないか探してみたけど、マイコミのあの記事以外には見当たらない。
    マイコミの記事が元にしていた「総務省 地上デジタル放送推進に関する検討委員会(第46回)」の議事録を総務省のWebページから探して、その中の「アナログ放送終了計画(改定版)」を読んでみたら、
    「2011年4月以降を7月以降の第4ステップの前段階ととらえ、必要性とデジタル受信機の普及率を踏まえて、7月以降の対応を前倒し実施し、漸次時間を増加させることを検討する。」(意味が通るよう文章を少し改変)
    と書かれている。

    また、総務省のWebを探してみたら、地デジの案内のページの「その他データ集」というページ
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/datashu/datashu1.html
    に最新版と思われる「アナログ放送終了計画(第3版:平成22年4月)」があり、そこにも
    「2011年4月以降を第5ステップの前段階ととらえ、必要性とデジタル受信機の普及率を踏まえて「お知らせ画面」等の表示時間を増加させることを検討する。」
    と書かれてあった。
    というわけで、必ずそうなる訳ではなく、そうなる可能性もあるということぐらいのようで、そうなると決めつけているマイコミの記事はちょっとおかしいように思える。
    国は来年の7月に終了するとずっと言ってるので、もし、4月からこれをすると、苦情が殺到してしまうのではないかと思う。
    関連記事

    アナログ停波への道

    7月4日の記事でアナログ放送終了のことを書いたが、Gigazineによると、7月13日からはNHKでは、終了のお知らせのテロップが流れるようになるとのこと。
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100709_analog_tv_nhk/

    しかし、もっと驚いたのはマイコミジャーナルのこの記事。
    http://journal.mycom.co.jp/series/chideji/001/index.html

    先日、アナログ放送は7月24日終了ではなく、実質6月末で終わると書いたが、この記事によるとそれよりも前、4月にも番組は、非常に見づらい状況か見えない状況になるという。
    初めて聞いた話だ。本当!?
    関連記事

    武市半平太

    今日の龍馬伝、武市半平太の切腹シーンがすごかった。
    大森南朋は同じNHKの「ハゲタカ」で知った俳優だが、とにかくすごい迫力で、画面の顔を注視できないほどの演技だった。
    関連記事

    手足口病

    手の指と指の間に水膨れの発疹が出来ていること、唇に出来物ができたこと、喉が痛むこと、微熱(37.1℃)があることなどの症状から、手足唇病ではないかと言われた。
    幼児、子供に多い症状だが、抗体を持ってない場合は、大人でも感染するらしい。
    http://www.med.or.jp/kansen/teashi_qa.html

    口内と足には症状が出ていないのだが、
    http://idsc.nih.go.jp/disease/hfmd/about.html
    には、 「一方また手足口の一部のみの発疹で終わることもある」 とあるので、やはり可能性が非常に高い。

    調べたら、今年はかなり流行っているらしい。
    http://sankei.jp.msn.com/life/body/100602/bdy1006020748000-n1.htm

    大阪府は特に多い地域のひとつになるそうな・・・
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2010061802000082.html

    どこでもらってしまったのだろうか。しんどい・・・。
    関連記事
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。