アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    UD01NAとMW-U2510の比較

    借りているNEC製のUD01NAと、シンセイ製のMW-U2510の速度の比較をしてみた。
    UD01NAは、現行製品のUD03NAと何が違うのか調べてみたら、ここによれば、「解約後に同一の端末で、再度ご契約いただく場合に、UD03NAではWiMAX統合ポータルへアクセスし、他のWiMAXサービス事業者も選択いただけるようになりました。」ということなので、ハードウェア的な仕様は同等のようだ。
    MW-U2510は、UQブランドではUD03SSとして出ている。
    ドライバ、ユーティリティ、ファームウェアは、両方共全て最新版にしている。

    まず、UD01NAでアンテナバー5本のうち5本立っている強電界での計測。

    nec.png

    使った計測サイトは、「速度測定システム Radish Networkspeed Testing

    サーバーは大阪、測定方向は両方向、測定精度は高、データタイプは標準で、数分おきにテストして、測定品質が80に達してないものは省いて3回計測した。

    nn1.png

    nn2.png

    nn3.jpg

    どれも、上りも下りも4Mbps台。普通に使うには十分な速度といえるが、かなり電波の強いところでの結果としては物足りないところ。

    次に同じ場所で、MW-U2510での計測。これもアンテナバー5本のうち5本立っている。

    shinsei.png



    設定はUD01NAの時と同じで3回計測。

    ss1.png

    ss2.png

    ss3.png

    UD01NAよりも速度は上下するが、ずっと速度が出る。
    20Mbps近くでる時もあった。これはモバイルでありながら、光ファイバーに近い実効速度だ。

    UDNA01はこれが実力なのか、借りたのが調子悪い個体だったのか、使用したPCとの相性なのか分からないが、自分の環境では速度があまり出なかった。

    ちなみに、どちらの機種もアンテナバー5本のうち1本しか立たない弱電界でもテストしてみたが、NECは下りが3Mbps台、上りが100kbps前後で変動もほとんどなく、シンセイは、下りが3~4Mbps台、上りが100~300Kbps台だった。
    NECは電波が強くても弱くてもあまり速度の差がでないような感じだ。
    自分のオススメとしては、シンセイ製の端末(UQだとUD03SS)のほうかな。
    関連記事
    スポンサーサイト

    UD01NA

    TryWiMAXで、NEC製のUD01NAというUSB端末を借りた。
    いままでOKI製、シンセイ製のUSB端末は使ったことあるけど、NEC製は初めて。
    持った第一印象は、デカい・・・

    シンセイのMW-U2510と比べるとこの通り・・・
    持ち運び時にUSB端子を保護するキャップをはめると、シンセイの2倍くらいの長さである。
    キャップを紛失してしまいそうなのもデメリットか。

    DSCF1479.jpg


    しかしメリットもある。
    このUD01NAは、USB端子部分が可動するので、曲げてやると、PC側の隣のUSBポートに干渉しないのはいい。

    DSCF1480.jpg


    自宅で接続してみると、5月にシンセイ端末を使った時点ではまだエリア外だったが、電波強度最低ながらもついにエリア内になった。
    短期間でも、着々とUQのエリアは広がっているようだ。

    関連記事

    クルトガ

    先月、ヨドバシカメラから、あなたのポイントが9月末で失効しますよ、というお知らせのハガキが来ていた。
    どうやら6500円分くらいあるらしい。最近、ヨドバシで全然買い物してなかったのですっかり忘れていた。

    過去に、ヤマダとビックカメラのポイントをうっかり期限切れで失効させてしまったことがある。
    どちらの会社からも特にお知らせ等はなかった。
    なので、こういう案内のハガキを郵送してくれるヨドバシカメラの配慮は販売店として非常に良心的だと思う。
    なんせお知らせしなければ、消えていくポイントも膨大だろうから・・・

    以前はミドリ電化もポイント有効期限間近の案内ハガキを送ってくれていたが、エディオンカードになって有効期限が年度末に統一されたからか、送ってこなくなった。

    ジョーシンはどうなんだろう・・・
    ジョーシンではたまに買い物するし、毎年、誕生月に、来店するだけでポイント進呈というハガキを送ってくるので、有効期限間近になったことがないような気がする。

    話が脱線したけど、そんなわけでヨドバシでポイント期限延長のため、なにか買い物せねばならなくなった。
    でも、今、買わないといけないもの・・ってのは特にない。
    で、買ったのが、話題からはだいぶ遅れているけど、あのクルトガ

    DSCF1519.jpg


    試し書きしてみたけど、確かに、芯が回って片減りしない。
    しかし、自分は、家電Watchのレビューであげられているように、

    「紙に触れた瞬間にクルトガの芯先がわずかにブレるような感覚がある。」

    というのがどうも気になってしまった。
    これが嫌な人には、ハイグレードタイプがおすすめらしい。
    うーむ、1050円か・・・
    でも、こっちはスケルトンじゃないので、クルトガの機構は外から見えないんだよねぇ。
    関連記事

    携帯マルチメディア放送

    以前から興味を持っていた、ISDB-Tmmと、MediaFLOという2つの携帯電話用マルチメディア放送の規格争いが、ISDB-Tmmに決まったという。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100921/1033140/?P=1

    加入者シェアで比較すると、ドコモ・ソフトバンク連合でシェア7割を持つISDB-Tmm陣営と、残り3割のシェアのKDDI(au)のMediaFLO陣営の戦いになるので、そもそもMediaFLOは分が悪かった気がする。

    料金も月額300円程度の料金を考えているISDB-Tmm陣営に対し、MediaFLO陣営は、500~800円、内容によっては1000円も、という比較的高めの料金で考えていたようなので、コンテンツによると思うけど、携帯電話の画面の大きさで見る動画で、毎月その金額を払うというひとは少ないのではないだろうかと思っていた。
    ちなみにアメリカでのMediaFLOのサービスの利用料は、毎月10~15ドルだそうだ。
    高すぎる・・・

    規格がISDB-Tmmに決まった以上、KDDIも変なメンツを気にせず、ISDB-Tmm対応の携帯も出してほしいと思う。
    関連記事

    IP電話

    fring、世界中の固定電話や携帯電話に1分1セントで電話をかけられる「fringOut」を発表
    という記事があった。
    SkypeOutのFring版みたいなものだろうか。
    「FringOutは、世界中の固定電話や携帯電話に対して、1セント/1分で電話をかけられるというサービス。」というのが非常に気になる。
    現在は、NOKIA S60向けだけだが、今後、iPhone、Androidにも提供されるという。

    公式ページを見てみようと、http://www.fring.com/fringout/ にアクセスしたが、なかなか繋がらない。
    しばらく経って、やっと繋がったら、
    "call people who aren't yet on fring from 1¢ per minite! any landline or mobile worldwide"
    と書いてある。
    ・・・これは、1セント/1分「から」、ということではないのかな・・・!?

    はたして、"rates"のところを見てみると、日本の固定回線へは、2.4セント/分、携帯へは、12.5セント/分 だった。


    fring1.png

    fring2.png


    それでも、SkypeOutが、日本の固定回線へ、3円22銭/分、携帯へは、17円50銭/分というのと比べると安いように思う。

    skype.png


    Skypeは円建てで支払えるようになっているが、ここでドル建てだったら、レートはいくらなのか?という疑問が沸いてドルにしたら、ドルの場合、日本の固定回線へは、2.6セント/分、携帯へは、17.5セント/分 だった。

    skype2.png


    これだと、FringOutとの差が縮まってくるし、FringOutはスマートフォンからしか使えない(しかも現在はNOKIA S60のみ)が、SkypeOutにはPCからもスマートフォン(AndroidはNimbuzzで)からも使えるというメリットがある。
    最近は円高が進んで、1ドル84円程度なので、クレジットカードの為替手数料を乗せても、ドルで支払い可能ならばドルで払ったほうが安くなりそう。

    ひと月ほど前に、Gmailから通話が出来るようになったというニュースがあったのを思い出して、この通話レートも調べてみた。

    Google.png

    日本の固定回線へは、2セント/分、携帯へは、11セント/分だった。
    今までで一番安い。
    但し、記事のコメントを見ると、固定電話へは通話できるが、携帯電話へは現状、無理なようである。
    また、現在、このサービスは、
    http://www.google.com/chat/voice/
    を見る限り、Windows版、Mac版、Linux版のみで、スマートフォン用は用意されていないようだ。
    GoogleのことだからAndroid用も作るかもしれない、と思うけど、でもそうすると、明らかに、Android携帯を提供する携帯電話キャリアの利益を損なう形になるので、なかなか簡単にはいかないかも・・とも思う。
    関連記事

    IS01購入

    7月の頭にauのスマートフォンのIS01がなかなかいいかもって書いたけど、関東、東海でしばらく前からしていた安売りが関西でも始まり、先週、偶然通りがかったauショップで、新規0円なんて看板見て、とうとう買ってしまった。

    このandroid搭載のIS01と、WindowsMobile搭載のIS01は、9月末までISデビュー割のというキャンペーンの対象で、これは、毎月の使用料から月額1095円を割引いてくれる。
    つまり、3G通信をしなければ、電話回線を維持したまま2年間、ユニバーサル仕様料の月々8円のみで使えてしまうという太っ腹なキャンペーンなのだが、この機種を0円でバラまくとは・・・

    但し、この機種、プログラムの不具合が発見され、金曜日の夕方から販売停止になってしまった。
    販売再開は現在のことろ、未定だとのこと。

    自分にとって初andoroidということで興味津々だったけど、使い勝手は上々。
    WindowsMobileのIS02が店頭での試用で、非常に使いづらかったのとは対照的。

    フォントは非常に美しく、ワンセグも感度は非常に良好、Webも横長画面だけあって、iPhoneよりも快適に見られる。
    入力が、キーボード、タッチパネル、トラックボールと3種類もあるのも面白い。

    但し、電車の中とかで使うには問題ないけど、路上でWebや地図を確認したりするのは、携帯電話というより電子辞書みたいな大きさなので、ちょっと恥ずかしいかな・・・

    しばらくいろいろいじってみようと思う。

    関連記事

    頭が腐ってる

    今日は病院に行ったのだけど、大きな病院なので、待合室の横に、有料のインターネットができるPCと、持ち込み用の、LAN回線と電源が用意されているブースがある。
    この病院は患者が多く、予約時間に診察されたためしがなく、いつも大幅に遅れる。
    今日もかなり待ちそうな状況で、持ち込み用のブースが空いていたので、ノートPCをLAN接続して、ネットに繋いでいた。

    1つ離れたブースのネットができるPCでは、中年の白人女性が長文のメールらしきものを書いてるようだった。
    座って10分ぐらいした頃だろうか、その女性に後ろから声をかけられた。
    ちょっと来てくれみたいなことを言うので、行って見てみると、PCが初期の案内画面になっていた。
    その女性は日本語は全く話せず、英語も母国語ではないような喋り方だったが、「書いているときに、なにか日本語で画面が出てそのあと、使えなくなってしまった。今どういう状態なのか?」と聞いているようだった。
    なにか画面が出たというのは、もうすぐ終了の案内、今は初期の案内画面になっているので、料金が切れて元の画面に戻ってしまったのだと思ったが、このPCは駅などにあるコイン式のサービスではなかった。
    院内でテレビの視聴や買い物にも使える入院患者用のプリペイド式のカードを挿入する形式で、詳しい説明がここに書いていいないのでシステムがよくわからない・・・
    しかも単位が円ではなく、度数と書いている。
    女性がカードを見せるので、とりあえず挿入してみると、残り度数6000と出る。
    1度数何円なんだ??
    でも、またネットが始められる状態になった。
    画面上部に「残り15分」と表示されてるので、「あと15分使えます」と英語で言ったがこんなことがなかなか通じない。
    やっと、「ああ、これは残り時間だったのね。」と分かってもらえて自分のブースに戻った。

    10分くらいして、もう戻ろうして、その女性の画面を見たら、残り5分でまたえらい長文のメールを書いている。
    「残り5分ですよ。OK?」と聞いたら、「時間を追加したいんだけど、どうしたらいい?」というようなことを聞いてくる。
    むぅ・・・俺に聞かれてもシステムがよくわからん・・・ 
    初期画面から案内を辿っていけばその説明が出るのかもしれないけど、いまはその女性が出しているページしか表示されていない。
    話している間にも時間がどんどん減ってきて、また書いているメールがパーになりかねなかったので、とりあえずカードをもう一度借りて入れてみた。
    そうすると、時間が15分追加された。1回カードを挿入する毎に15分間の使用時間がセットされ、カードを挿入しなおす度に更に15分ずつ時間を追加できるようだった。
    女性はとても喜んでいたが、相手の言うことはなんとなく分かっても、自分の言いたいことの単語やら文章がまったく頭から出て来ないのには参った。
    英語の勉強をしなくなって、十数年も経つと、英語能力が中学生レベルにリセットされている。
    かの有名なジョン・万次郎も、晩年は英語がまったく話せなくなってしまっていたそうだが、語学って継続してないとダメなんだな、と痛感した次第。
    関連記事

    肌寒い

    今朝は少し肌寒い感じだった。
    夜も、「秋の夜はつるべ落とし」というけれど、この前まで、午後6時頃はまだ十分明るかったのに、今はもう暗くなっている感じだ。
    春と秋が消え、季節が夏と冬に二極化してしまうんじゃないかという話があるけれど、今年の秋は秋らしくなってほしいな。
    関連記事

    大阪駅工事中

    ホームの屋根が邪魔をして、屋根全体は見渡せなかったけど、傾斜のついたガラス屋根はとてもきれい。

    DSCF1345.jpg
    関連記事

    秋の気配

    今年は、統計を取り始めたこの113年で一番暑い夏だったそうだが、朝の気温はやっと今日ぐらいから少し涼しくなった気がする。
    日中の日差しも、8月のギラつくそれとは変わって穏やかな感じ。
    関連記事
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。