アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    港大橋

    夜の港大橋。
    日本最大、世界第三位のトラス橋。

    P1060882.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト

    Googleマップのデザイン変更

    Googleマップのデザインが変更された。
    http://googlejapan.blogspot.com/2010/11/google.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+GoogleJapanBlog+%28Google+Japan+Blog%29

    文字が小さくなったことなどに対して、一部、批判もあるようだが、自分は新しいデザインのほうが好きだ。

    上記のGoogleのブログに

    「世界でもっとも密集した都市のひとつである東京は、高度に発達した、時に複雑な公共交通機関を持っています。
    そのため、地下鉄の駅の形状や出口の位置なども、分かりやすくなるようにデザインを調整しました。」

    と書いてあって、東京だけなの? 大阪は?と思って確認してみたら、大阪も変わっていた。
    だいぶ見やすくなっていると思う。

    honmachi.png
    関連記事

    WiMAXモバイルルーターの決定版

    NECから、WiMAXのモバイルルーター AtermWM3500Rが発表された。
    http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101110_403592.html


    記事には書かれていなかったが、ニュースリリースのほうには、

    「無線LAN通信を行っていない場合には自動的に電源をOFFする機能」

    があると書いてあった。

    WiMAXは、速度と契約期間の縛りがないのが魅力だが、いままでのNECやシンセイのモバイルルーターは、駆動時間が短く、省電力機能もなかったので、ドコモやイー・モバイルの3Gモバイルルーターと比べて、エリアはもちろん、ルーター本体自体の性能も差をつけられていた。

    このWM3500Rは、8時間駆動で省電力機能あり、とWiMAXモバイルルーターの決定版といってもいいかもしれない。
    関連記事

    EMチャージのシステム変更

    ついにというか、やっというか、EMチャージの選択型プランの契約が終了後、自動でスタンダードプランに変更される問題がなくなったようだ。
    http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101104_404462.html

    EMチャージは自体は便利なサービスだが、料金システムは、うっかり落とし穴にハマってしまうとプリペイド式なのにパケ死ということさえあるシステムだった。

    この問題に関しては、

    akiraani の日記 イーモバイルのEMチャージの利点と難点

    こまぷろぐ イー・モバイルのEMチャージは公式の裏技か?それとも悪魔のささやきか?


    が詳しい。

    いままでは、危険な自動チャージをオフにしていても、選択型プランの終了日時をうっかり忘れて通信した場合、従量制であるスタンダードプランに自動変更され、チャージ分を63円/MBというハイレートであっという間に使い果たすというトラップがあった。
    これは、プラン自動更新をオンにした場合でも、選択済みのプランの料金分の残高が更新時に足りない場合は、やはり同じであった。
    (逆に、定額制継続と思い込み、自動チャージとのコンボでパケ死も。)

    12月9日以降は、プラン自動更新をオフにしておけば、更新時に手動で更新する必要はあるが、意図せずスタンダードプランの課金になるということはなくなる。

    1日定額が、24時間定額ではなく、その日の24時まで定額という、24時間制のWimaxの1dayと比べてのコストパフォーマンスの悪さもあって、ここ1年くらい使う機会がなかったが、この改善は喜ばしい。(サービス開始から2年9ヶ月も経ってではあるが)
    関連記事
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。