アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヤマダ電機、全国の46店舗を一斉閉店へ

    ヤマダ電機が全国の店舗の46店舗を今月末(一部はすでに閉店)で一斉に閉店するという報道があった。
    http://www.asahi.com/articles/ASH5S54MNH5SULFA001.html
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150524/k10010090171000.html

    北海道新聞の記事 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0137302.html
    によると、店舗側にはつい一週間ほど前に知らされたらしい。

    報道記事やヤマダ電機のニュースリリースを見ても、閉店する全店舗リストが載ってなかったので、検索すると
    閉店店舗・閉店セール情報さんの記事 http://heiten-sale.jp/archives/3049
    福岡アンテナさんの記事 http://fukuoka.in.coocan.jp/15/2015052401.html
    にリストがあった。

    大阪では、門真店、枚方店、貝塚店、阪南店が閉店。
    門真店、枚方店は新装オープン予定となっているけども、朝日新聞の記事の「改装して業態を変える店もある」やNHKの記事に「閉店する一部の店舗も在庫品などを扱うアウトレット店に変えたり」とあったように、以前のような総合家電量販店ではなく、アウトレット店になるような感じだ。
    既存店舗の業績が伸びなければ、5月末の46店舗だけでなく、それ以降も閉店や業態転換する店が増えていくという可能性も捨てきれない。
    関連記事
    スポンサーサイト

    JTの飲料ブランドと自販機事業はサントリーへ

    今年2月にJTが飲料部門と自販機事業の撤退を発表してから、特にその自販機事業がどこに買収されるのか非常に話題になっていたけれど、サントリーが買収することになったようだ。
    http://mainichi.jp/select/news/20150526k0000m020054000c.html

    サントリー、キリン、アサヒが特に興味を示していたが(一部報道ではイオンも興味を持ってるとも)、驚くのはその買収額でなんと1500億円。

    以前、ブルムバーグの記事 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NJJ4C86JIJUQ01.html
    では、『買収金額は500億円に上る可能性がある』との記述があった。

    数日前の産経新聞の記事 http://www.sankei.com/economy/news/150523/ecn1505230045-n1.html
    では、『買収総額は1千億円を上回るとの見方もあり、「高値づかみして将来、損失が出る」(証券業界関係者)可能性もある』と書かれていた。

    ところが、500億円、1000億円どころか、1500億円だったわけで、サントリーは一位のコカ・コーラに近づくためになんとしても手に入れたいとかなりの資金を投入したようだ。

    サントリーの缶コーヒーにはすでにBOSSという強力なブランドがあるけども、秋からはサントリーと旧JTの自販機にはBOSSのほかにRootsも追加されるのかもしれない。
    関連記事

    タイガーエア・台湾、関空線就航

    自分用備忘録

    台湾のLCCであるタイガーエア台湾が7月から関空~台北、関空~高雄に就航とのこと。
    http://www.traicy.com/archives/8830466.html

    タイガーエアはシンガポール航空系のLCC、タイガーエア台湾はタイガーエアと台湾の航空会社のチャイナエアラインの合弁会社らしい。

    関空~台北のLCCは、ピーチ、ジェットスターについで3社目だと思われる。
    (ジェットスターは、関空~台北経由~シンガポール便)
    関連記事
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。