アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    MVNO各社の回線速度測定

    ITmedia MobileのドコモとMVNO合計19社のスピードテスト
    http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1612/20/news133.html

    ほとんどのMVNO各社がお昼休み時間帯に極端に遅くなる状態はいまだ変わってない模様。
    関連記事
    スポンサーサイト

    USJ躍進の立役者、森岡氏退社

    USJ躍進の立役者の森岡毅さんが退社するとの報道
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000517-san-bus_all

    NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でこの人の回を見たときは本当にすごいと思った。
    http://www.nhk.or.jp/professional/2014/0901/

    現在のUSJの人気は、ほぼこの人によって作られたといっても過言ではなく、USJにとっては退社は痛いはず・・・
    USJの先行きが心配だ。
    関連記事

    こうのとり6号機が国際宇宙ステーションとドッキング

    9日の夜に種子島宇宙センターからH2Bロケットによって打ち上げられたこうのとり6号機が今日未明に国際宇宙ステーションと無事ドッキングしたとのこと。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H1K_U6A211C1CR0000/

    朝日新聞サイトのH2Bロケットの3Dグラフィックがグリグリに動いて結構すごい。
    http://www.asahi.com/special/rocket/h2b-3d/
    関連記事

    フルWindowsがARMで動くようになる

    数日前にマイクロソフトが発表したARM版Windowsの件に関しての山田祥平さんと笠原一輝さんのコラム
    http://news.mynavi.jp/column/compass/082/
    http://japanese.engadget.com/2016/12/09/arm-windows-10/

    現在のATOMの後継CPUはないということなので、数年後には低価格帯の2in1 Windows、タブレットタイプのWindowsは軒並みARM(Snapdragon)CPUになっていそう。
    ネイティブ対応したアプリケーション以外はエミュレーション動作になってしまうようだが、低価格帯のものならOfficeとブラウザくらいがネイティブ対応してくれたら、ほかはエミュレーション動作でもそんなに問題ないような気がする。
    使いものにならないくらい遅くなるのなら別だけど。
    関連記事

    KDDIがBiglobeを買収か

    KDDIがBiglobeを買収する意向らしい。
    http://www.asahi.com/articles/ASJD65R1FJD6ULFA02L.html

    BiglobeはもともとNECのプロバイダーだったが2年前に投資ファンドに売却されている。
    KDDIはniftyも買収する意向のようで、これが実現すると、歴史あるプロバイダーである旧NEC系のBiglobeと富士通系のnifty、旧DIONが全部同じ会社になってしまう。

    最近は各社とも従来からの固定のインターネット回線だけでなく、MVNOのSIM、いわゆる格安SIMも積極的に販売しているが、KDDIに買収されると、au回線のMVNO SIMも販売されるようになるのかな。(現在は、mineo、UQ mobile、IIJのみ)


    追記
    800億円で買収が決定し、BiglobeはKDDIの完全子会社になるとのこと。
    http://japanese.engadget.com/2016/12/08/kddi-800/
    関連記事

    山手線の車内でモバイルバッテリーが発火

    今日、山手線の車内で乗客のモバイルバッテリーから発火するという事件があったらしい。
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/04/news030.html
    http://blog.esuteru.com/archives/20006129.html

    車内に白煙が充満し、化学物質が燃えるような臭いが鼻についたという。
    写真を見るとモバイルバッテリーはかなりの黒焦げ状態。

    下の記事ではLumsingというメーカーのじゃないか、という話が出ているが、Amazonでそれらしき製品を見ると、

    「【高い安全性】多重保護のICを使用している為、過充電、過放電、加熱、短絡などの危険を避けることが可能です。」

    なんて書いてるけど、無名中国メーカーの製品の謳い文句なんてそのまま信用してはいけないなぁ、と。

    今年は5月に羽田空港行の国際線航空機内で乗客のモバイルバッテリーが発火
    http://www.traicy.com/20160507-ZVaccident

    7月には東京ディズニーランドのショーの開演中にモバイルバッテリーが発火
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/08/news141.html

    8月には、新千歳空港発羽田行のスカイマーク機内でもモバイルバッテリーが発火し緊急着陸
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082200130&g=soc

    9月~10月にもモバイルバッテリーから発火した事故が3件
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/18/news143.html

    11月にも住宅内で破裂し、火災になった(上のと同じ製品)
    http://spwww.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000382370.html

    と報道されたものだけでも毎月のように発火、発煙、破裂している。

    おそらく、報道されてないものも多くあると思うので、実際にはもっと事故は起こっているだろう。
    安いからと安易に名も知れぬメーカーのを買うと、とんでもないことになるかもしれない。

    関連記事
     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。