アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アビック閉店

    ソニーショップのアビックが全店閉店するとのこと。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000670-yom-bus_all

    この記事を読むまで、アビックがソニー直営店だったとは知らなかった。
    しかし、記事中の
    「直営店戦略は、ハワード・ストリンガー会長兼社長がアップルの直営店舗「アップルストア」に対抗するために打ち出した。」
    ってのはどう考えてもおかしい。
    この戦略は、ソニーストアのことで、アビックとは関係ない。
    なんせ、大阪日本橋のアビックは、自分が知ってるだけで少なくとも、21年以上前からあった。

    読売新聞は、大昔からあったソニーショップのアビックと、今年から展開しているソニーストアのことを混同しているようだ。
    ソニーストアのことは
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/ce/20100323_356384.html
    の記事が詳しい。

    調べてみると、アビックは、ソニーマーケティングの100%子会社のようだ。
    http://ginza.keizai.biz/headline/1217/
    1960年代からあるというと、20数年どころか、50年近く前からあるということか。

    読売の記事のほうに
    「大阪の電器街・日本橋の店舗などは、「国内最大級のソニー専門店」をうたい、高品質なソニー製品を体感できる店舗作り」
    なんて書かれていたが、日本橋のアビックは、一般量販店との差別化を大きく打ち出すことができず、ここ数年は2階なんて、しょぼい処分品コーナー&物置みたいな感じになっていた。

    ヨドバシカメラやビックカメラみたいな超大型量販店がまだ少ない時代には、「ソニー製品を体感できる」というアビックの存在価値は大きかったと思うが、展示も体感コーナーも十分ある超大型量販店が増え、ソニー自体が、ソニー専門とはいえ一般量販店的なアビックよりも、もっと体感やアフターサポートに力を入れたソニーストアを展開するに至っては、アビックはその役目を終えたと思える。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。