アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    UD01NAとMW-U2510の比較

    借りているNEC製のUD01NAと、シンセイ製のMW-U2510の速度の比較をしてみた。
    UD01NAは、現行製品のUD03NAと何が違うのか調べてみたら、ここによれば、「解約後に同一の端末で、再度ご契約いただく場合に、UD03NAではWiMAX統合ポータルへアクセスし、他のWiMAXサービス事業者も選択いただけるようになりました。」ということなので、ハードウェア的な仕様は同等のようだ。
    MW-U2510は、UQブランドではUD03SSとして出ている。
    ドライバ、ユーティリティ、ファームウェアは、両方共全て最新版にしている。

    まず、UD01NAでアンテナバー5本のうち5本立っている強電界での計測。

    nec.png

    使った計測サイトは、「速度測定システム Radish Networkspeed Testing

    サーバーは大阪、測定方向は両方向、測定精度は高、データタイプは標準で、数分おきにテストして、測定品質が80に達してないものは省いて3回計測した。

    nn1.png

    nn2.png

    nn3.jpg

    どれも、上りも下りも4Mbps台。普通に使うには十分な速度といえるが、かなり電波の強いところでの結果としては物足りないところ。

    次に同じ場所で、MW-U2510での計測。これもアンテナバー5本のうち5本立っている。

    shinsei.png



    設定はUD01NAの時と同じで3回計測。

    ss1.png

    ss2.png

    ss3.png

    UD01NAよりも速度は上下するが、ずっと速度が出る。
    20Mbps近くでる時もあった。これはモバイルでありながら、光ファイバーに近い実効速度だ。

    UDNA01はこれが実力なのか、借りたのが調子悪い個体だったのか、使用したPCとの相性なのか分からないが、自分の環境では速度があまり出なかった。

    ちなみに、どちらの機種もアンテナバー5本のうち1本しか立たない弱電界でもテストしてみたが、NECは下りが3Mbps台、上りが100kbps前後で変動もほとんどなく、シンセイは、下りが3~4Mbps台、上りが100~300Kbps台だった。
    NECは電波が強くても弱くてもあまり速度の差がでないような感じだ。
    自分のオススメとしては、シンセイ製の端末(UQだとUD03SS)のほうかな。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。