アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ソフトバンクのパケット定額サービス改定

    ソフトバンクがスマートフォン(iPhone除く)向けパケット定額サービスの改定を発表した。
    http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101006_398460.html

    「パケットし放題S for スマートフォン」に関しては、今までの「パケットし放題 for スマートフォン」の下限が下がっただけだから、あまり大きな変化はないが、期間限定の「パケットし放題MAX for スマートフォン」は興味深い。

    今の「パケットし放題フラット」はキャンペーンで4410円固定になっている。
    これの代わりとなるものだが、712万5000パケット(約870MB)までは、月額3985円で、それを超えると従量制で、714万8800パケット(約873MB)で上限に達し、5985円となるという。

    3985円と5985円の間のデータ量の差が、たったの3MBしかないので、要は870MBまでで抑えられるかそうでないかということになる。

    ソフトバンクモバイルは、「全契約者のうち約97%のユーザーは、毎月の通信量が712万500パケット(約870MB)に満たないので、多くのユーザーは月額3985円で利用できる」としているが、これは通常の携帯も含めた全加入者からの割合で、母数がスマートフォン契約者でないことに注意。

    はたして、自分の場合(iPhone)はどうだったろうか、と、My Softbankから過去6ヶ月間ののパケット通信量を確認してみた。

    701万パケット(856MB)
    548万パケット(669MB)
    768万パケット(937MB)
    548万パケット(669MB)
    531万パケット(648MB)
    327万パケット(399MB)

    だった。うーん、すごく微妙だ。だいたいは収まっているけど、超えている月もある。
    自分は、iPhoneで動画などはあまり見ていなくてこれなので、もっとデータ量の多いひとはわりといるんじゃないかなぁ。

    収まっているひとでも、毎月425円安くなったとしても、もし超えたらプラス2000円で、データ量をいつも気にしながら使うのはいやだから、と4410円の固定制を望むひともいるかもしれない。

    選択できれば文句なしだったんだけど、ソフトバンクとしてはこのプランはパケット量の抑止が目的だろうからそうもいかないか。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。