アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    C01HW ドライバのインストールに嵌る

    無線LAN環境で使っているソフトバンク版のPocketWiFi C01HW、バッテリがなくなった場合でも、PCにUSB接続すれば動作させることができるので、USBのドライバのインストールをしてみることにした。
    ドライバは最近よくある、本体にリムーバブルディスク領域として入っているタイプ。

    そうしたら、インストール画面自体は、最後まで完了するのに、その後の再起動でフリーズするわ、立ち上がってもデバイスマネージャで正常に認識してないわ、という状態。
    アンインストールしてやり直したり、本体の中のものではなく、ネット上からドライバ取ってきてやり直したりしても同じ。
    原因がわからず、C01HWと同等のイー・モバイルのD25HWもキーワードにして検索かけまくったら

    http://fenrir-howling-moon.blogspot.com/2010/06/pocket-wifid25hw.html

    http://d.hatena.ne.jp/tak_yah/20100813
    で、VMwareと競合するという話があった。

    確かに、VMware Player3を入れている・・・
    これを削除したらあっさり認識した。
    うーむ。

    インストールして気づいたのは、接続ユーティリティがないこと。
    本体がLANアダプタとして認識するWiMAXでも接続ユーティリティはある。
    それがないのに、USBの線を繋ぐだけでネットにつながる。(もちろんPCの無線LANは切ってある)

    不思議だ、なんで??と思って、コマンドプロンプトでipconfigしてみると、192.168.1.100 と出る。
    Windowsのネットワーク接続のところを見ると、WiMAXと同様にLANアダプタとして認識している。

    Huawei.jpg


    なるほど、通常のUSBのデータアダプタのように、モデムとして認識されるわけではなく、USB接続だけど、有線LAN接続されているかのように見せて、このモバイルルーターのLAN側端子に接続してるのと同じような状態になるわけか。
    そういうことで、ブラウザから192.168.1.1で設定画面にも入れるし、この状態でも無線LANルーターとしても動作させることもできる。(切ることもできる)
    なかなかうまくできているなと思ったが、VMwareと干渉するのは対策版出してくれないかな。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。