アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    IP電話の国際通話で高額請求

    各マスコミで、IP電話の国際通話で非常に高額な請求が来ているケースが多発しているとの報道があった。

    NHKの記事 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150612/k10010112621000.html
    によれば、判明している会社は、NTT東日本、西日本、フュージョン・コミュニケーションズの3社で、今年3月までの1年間で161件にも上り、250万円の請求を支払わざるを得なかった会社もあるとのこと。
    恐ろしい・・・

    自分が使っているFusion IP-Phone SMARTというサービスも、設定さえ入れたら、どこからでもIP電話サービスを使えるので、何かしらの方法で、ID、パスワードを抜かれる、あるいは、このサービスの設定画面に不正ログインされた場合、同じようなことが起こる可能性がある。
    国際電話の設定を止めておこうか、と思い設定画面を出したら、標準で無効になっており、希望する場合はコールセンターに電話してください、とあった。

    あれ?以前はこの設定画面から切り替えできたはずなのになぁ、と思って検索したら、この騒動でしばらく前にオペレーター対応のみに切り替えていたようだ。
    (参考 : ttanimu engineering labs さんの Fusion IP-Phone SMARTからの国際電話 より)

    急に国際電話を使う必要性が出てきた、というケースはあるかもしれないけど、その時は手続きが面倒くさいが致し方ない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。