アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    9月4日にWindows 10のパッケージ版とダウンロード版の発売開始(追記あり)

    9月4日からWindows 10のパッケージ版とダウンロード版が発売されると報道されている。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150807_715549.html
    http://blogs.windows.com/japan/2015/08/06/windows_10_fpp_esd/

    すでに発売されているDSP版と違い、32bitと64bitが同梱、そしてメディアがDVDではなくUSBメモリーになっている。

    参考価格だが、税抜でHomeが13,800円、Proが25,800円の予定なので、税込価格にするとそれぞれ、14,904円と27,864円になる。
    この価格は、マイクロソフトの発表している参考価格なので、実際には各販売店での価格はもう少し値段が下がる可能性が高い。

    Amazonでは予約をすでに開始しているが、Homeのパッケージ版の価格が税込で13,548円となっている。(なぜかダウンロード版より安い)

    Windows 10 DSP版の発売」のエントリーで書いたDSP版の価格と比べると、Homeはパッケージ版のほうがだいぶ安い。

    パッケージ版は、DSP版のように不必要なバンドルパーツとセットで買う必要もないし、そのパーツと一緒に使い続ける必要があるというライセンス上の問題もないので、この価格ならHomeはDSP版を選択するという手はないかも。

    追記

    NTT-Xストアでは、Homeが13,800円に2,000円割引クーポンが自動適用で、11,800円(税込)になっている。
    Proも25,800円に4,000円割引クーポン付きで、21,800円(税込)と安い。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。