アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    早くもWindows 10で更新プログラムによる不具合が発生

    Windows 10になって、Windows Updateが原則、強制になってしまったが、早速、更新プログラムによって不具合が起こっているという報告があった。
    http://japan.cnet.com/news/service/35068624/

    このKB3081424というのは、一部でService Release1とも言われてたCumulative Update for Windows 10 (KB3081424)というWindows 10初の累積的なパッチ

    この筆者の場合は、前に書いたMicrosoftのツール "Show or hide updates"を使ってもダメだったという。

    対策としては、Homeエディションの場合は、基本的に何もできない。
    更新プログラムをインストールした後の再起動の日時を最大一週間後まで引き伸ばせるが、インストールはしてしまってるので、あまり大きな効果はなさそう。

    Proの場合は、この記事のように、グループポリシーの設定を変更して、自動インストールではなく、通知にしてインストールを猶予することができるので、すぐにインストールせず、しばらく不具合の報告がないか様子を見てから、という設定にしておいたほうがよさそうだ。

    追記:
    Pro版に限るが、Windows 10でもWindows Updateを完全に手動でしたい場合(更新があるかのチェックも手動になってしまう)
    http://freesoft.tvbok.com/win10/tips/windowsupdate_noautoupdate.html
    という方法もある。

    追記2
    http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1511/02/news015_2.html
    の記事が詳しく書かれている

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。