アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Google、地球上のあらゆる場所をコード化するplus+codesを公開

    Googleは、地球上のあらゆる場所をコード化する「Open Location Code(OLC)」を利用するための「plus+codes」というサービスを公開した。
    http://japan.cnet.com/news/service/35068908/
    http://japanese.engadget.com/2015/08/13/google-plus-codes/

    サイトは https://plus.codes/

    緯度経度でも地点は表せるけど、OLC、plus+codesだと、とても小さいところから大きいところまで、ある任意の枠(エリア)で場所を示すことができるようだ。
    また、記号数字だけでなく、region codeを地名表示に置き換えてその場所を人間にとって分かりやすくしたりできるようだ。
    Googleはこの技術をオープンにして広く普及させたい意向のようだ。

    最初に上記のCNETやengadgetの記事を読んだ時には、+以降の building code は、14m四方を特定するとあったので、14m四方だと結構大きいよなぁ、と思っていたのだが、実際やってみると、これは+以降が2桁の場合で、3桁になると、およそ3m四方くらいまで特定できるみたいだ。また英字の大文字小文字の区別はないようだ。

    例えば、以下はJR大阪駅側のヨドバシ梅田の前の歩道だけど、"8Q6QPF3W+HJ7"だけでこの赤い枠のエリアまで特定できる。

    OLC.png

    Googleマップでは既にこのコードが使えるようになっているが、ほかの会社も採用して、ぜひとも普及していってほしい。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。