アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日からChromeはFlash広告をデフォルトで停止へ

    Googleのブラウザー、Chromeは9月1日から広告に使われているFlashをデフォルトでは停止することにしたという。
    http://jp.techcrunch.com/2015/08/29/20150828chrome-will-begin-pausing-flash-ads-by-default-starting-in-september/

    ある最新の調査によると、パソコンでのChromeの世界シェアは45%ほどあるらしい。
    調査会社によって結果が若干違うが、こちらの調査では、世界シェアは過半数超えの52%ほどもある。まぁ、どちらでもおおよそ半数くらいということだろう。
    日本ではIEが強いのでシェアが落ちるが、それでも29%~34%ほどと1/3くらいある。

    これらのシェアを持ったブラウザがデフォルトでFlash広告を停止するというのはかなりの影響がありそう。
    Yahoo! JAPANなんかはいまでもFlash広告をバリバリ使ってるけども、今後は方法を変えてくるのかな。
    (いまはまだYahoo! JAPANのFlash広告はChromeでもFlashのまま普通に表示されているけど・・・)

    Flash批判で思い出すのは、やはりスティーブ・ジョブズのことで、ジョブズがまだ存命の頃、Flashを強烈に批判し出したのは2009~2010年の頃からだった。
    その時は正直、「うーん、どうかな」と思っていたのだけど、Appleに続き、GoogleもAndroidでFlashのサポートをやめ、最近は毎月のようにうんざりするほどFlashの脆弱性がAdobeから発表される状況を見ると、ジョブズはさすがに先を見る目はあったということか。

    追記

    窓の杜の記事によると、9月1日(アメリカ現地時間)に公開されたChrome 45からこの設定がデフォルトで有効になっているとのこと。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。