アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    万博公園の「まんパク」で食中毒

    今年は10月3~4日、9~12日と2週間にわたって万博記念公園で行われたフードフェスタ「まんパク」。
    最終日の12日に食中毒が出たというニュースは
    http://www.sankei.com/west/news/151012/wst1510120053-n1.html
    で知っていたのだけど、8人(うち子供4人)だけということで、大規模な食中毒ではなさそう、と思っていた。

    ところが昨日、大阪府の食の安全推進課というところが、実は34人の食中毒者(症状を訴えたひとは64人)を出していたと発表した。
    http://www.sankei.com/west/news/151023/wst1510230058-n1.html
    http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=22240

    気になるのは、原因となった店舗、食材であるが、「有症者からの聞き取り調査等の結果、共通する食品が多岐にわたり、原因食品を特定するには至りませんでした。」とのことらしい。

    これは食中毒が起こったのがフェスタ最終日で、なおかつ判明したのがフェスタが終了した午後6時以降だったため、屋台形式で出店していた店舗がもう店じまいした後だったろうということも原因究明を難しくさせたのだろうと思う。

    まんパクは例年好評につき、今年で三回目らいしが、来年も開催するうえでは、今回の食中毒を出した店舗が特定できなかったのは非常に残念だ。
    食中毒を出した店が来年も出店している可能性がある、しかもどの店舗かわからない、というのは行きたくなくなる要素大である・・・

    ちなみに、この「まんパク」、主催は毎日放送なのであるが、まんパク公式Webページでは、この件について昨日22日付けの発表文で
    「10月12日にまんパクin万博2015にご来場いただいたお客様の中で、嘔吐・下痢等の体調不良を訴えられた方が複数名いらっしゃいました。」
    と記載している。

    複数名・・・
    複数名と聞いて想像するのは、自分の感覚では2人~10人くらいまでで、最低34人の確定食中毒者がありながらこれを複数名というのは非常に違和感がある。

    毎日放送は報道機関でもあるのに、報道を知らずにまんパクのWebページだけ見て知ったひとにはできるだけ大したことがないように見せようとしているのはありありで、この姿勢は残念だ。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。