アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    富士通、東芝、VAIOがパソコン事業を統合か

    富士通、東芝、それにVAIO株式会社が3社でパソコン事業を統合を検討しているという報道があった。
    http://digital.asahi.com/articles/ASHD42G69HD4ULFA001.html

    VAIOを存続会社として各社が出資し、事業や従業員を移す方向で検討しているらしい。
    もし統合したとしても、国内の法人や役所に強い富士通、アメリカ市場で根強い人気を持つ東芝(HP、Dell、Apple、Lenovoに続きシェア第5位)、他のメーカーとはちょっと違う製品を出すVAIOと、結構メーカーごとの違いがあるので、統合してもいまのNECレノボみたいに販売はそれぞれのブランドで続ける可能性が高そう。

    ただ、国内メーカーでパソコンを選ぼうとする場合、レノボ化しているNECと高価格モバイルノートPCだけのパナソニックを除くと、もともと富士通、東芝、VAIOしか選択肢がなかった状態なわけで、この3社がPC事業を統合するとなると選択肢がもう他になくなってしまう。

    東芝は不正会計の問題もあるし、そもそもPCを事業は赤字続きだというし、富士通も決して楽ではない状態で、LenovoやASUSが安値攻勢をかけてきてるから、これは致し方ないのかもしれないけど、製品、メーカーのバリエーションがなくなってしまうのは残念だ。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。