アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Flash Playerの最新版が公開、78件の脆弱性を修正

    Adobeはアメリカ時間の12月8日、Flash Playerの最新版を公開した。
    今回の更新で78件もの脆弱性が修正されたという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/09/news057.html

    最近、ネットを騒がせているvvvウイルスもFlashの脆弱性を狙ったものだと言われているし、なぜFlashはこんなに脆弱性が多いのだろうか・・・

    Flashの自動更新設定はすぐにはなかなか更新されないことも多いので、
    https://www.adobe.com/jp/software/flash/about/
    のページで現在インストールされているFlashのバージョンと最新バージョンの確認ができるので、最新バージョンでなかった場合は手動で早急に更新しておきたい。
    (Windows8のIE、Windows10のIE、EdgeはWindows Updateによる更新、ChromeはChrome自体の更新に含まれる)

    現時点でFirefoxは、20.0.0.235、それ以外のIEやEdgeやChromeでは 20.0.0.228になっていれば最新バージョンになっている。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。