アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    防犯カメラ映像流出のコンビニの対応

    防犯カメラのダダ漏れサイトの件、朝日新聞系のwith newsでも報道され、コンビニ各社の対応のことが書かれていた。
    http://withnews.jp/article/f0160124000qq000000000000000W0360901qq000012940A

    記事によると、日本フランチャイズチェーン協会ということころから、20日夜にコンビニ各社に連絡があったようだ。

    このサイト、2014年の11月頃にはCNNやtechcrunchの日本語のサイトでも報じられていたため、一部では既に知られていたようだが、今回大きく知られるようになったのは、ある翻訳サイトが1月19日の昼ごろに海外の掲示板で話題になっているのを紹介、翌日20日に秒刊サンデー他が記事にし、21日夜にNHKが(おそらく日本の大手マスコミとしては初めて)ニュースにしたので、20日夜に把握したのなら、結構早い方かもしれない。

    記事中に、メーカーの話として、『パナソニックの担当者は「防犯カメラは、必ずIDとパスワードを設定して欲しい」と強調します。』とある。
    確かに設置者、管理者の責任が一番重大なのは明白だけれど、自分の調べた限りではパナソニックの一部機種はそもそもリモート閲覧の「ユーザー認証:off」が初期設定になっている。
    NECの無線LANルーターのように、必ず何らかのパスワードを最初に自分で決めて入れないと設定ができないような仕組みか、ランダムなパスワードのカードを添付する(その後ユーザーに任意のものに変えてもらう)方法にすべきだったかと・・・


    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。