アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Windows 10へのアップグレードを半強制的に

    昨日2月2日にWindows 7とWindows 8.1向けに公開されたWindows Updateで、Windows 10への無料アップグレードを支援する「KB2952664」と「KB3035583」が、「オプションの更新プログラム」から「推奨される更新プログラム」に変更になったという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/02/news081.html

    これによって、Windows Updateを自動更新にしているユーザーはこの2つの更新プログラムがインストールされ、Windows 10へのアップグレードのセットアップ画面が始まることになる。(自動でWindows 10になるわけではなく、最終確認はある)

    しかし、PCメーカーは、メーカーが動作確認を取っている機種以外ではWindows 10にアップグレードしないでと案内しているのに、メーカーではほとんど動作確認のないWindows 7マシンもMicrosoftは半強制的にWindows 10にしようとする強引さはなんなんだろう。
    このようなOSのアップグレードなんていう重要な作業は、はっきりとしたアップグレードしたいという意思を持つひとだけがすればいい作業であって、悪徳セールスじゃあるまいし、しつこく強引にさせようとするものではないと思うのだけど。

    日本のPCメーカーはメーカー独自のソフトやユーティリティをたくさん入れているので、古めの機種だと、動かなくなるソフトや機能がいろいろ出そうだ。

    いまのところWindows 10にする意思のない人は、「KB2952664」と「KB3035583」はインストールしないようにしておこう。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。