アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シャープに3500億円の偶発債務が明らかに

    シャープが昨日の臨時取締役会において、全会一致でホンハイの買収提案を飲んだことから、もう決まりかと思いきや、話がなんか急にきな臭くなってきた。
    ウォールストリート・ジャーナルやホンハイが発表した内容によると、買収決定の前日の24日にメールで「実は3500円億円の偶発債務があって、これがリストです」と送ってきたらしい。
    ホンハイによると、「「大部分が過去の協議で知らされていなかった。」とのこと。
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2016022500838
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016022600912&g=eco

    2月5日にホンハイの会長が来日し、シャープと、「最終的な契約条件の協議を誠実に継続する」「買収提案の有効期限は2月29日」という二点の合意書を交わしたのだが、協議が始まって19日間、買収の交渉相手に不利なことは伝えずにシャープ側の正式決定の前日、交渉期限の5日前になってやっとこういったことを持ち出してくるのはこの合意自体を無視している行為で誠実さのかけらもない。
    http://mainichi.jp/articles/20160206/k00/00m/020/103000c

    あまり聞き慣れない偶発債務のことや、今回の件について、取材を進めてきたテレビ大阪の記者がブログで書いている。
    http://news.ameba.jp/20160226-712/

    ホンハイは買収をやめる、という意向ではないようだが、すんなりと決着がつかないかもしれない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。