アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    VirusTotalで気をつけたいこと

    Googleの運営するVirusTotalというまとめて複数のアンチウイルスベンダーのウイルスチェックをかけられる非常に便利なサイトがあるが、マクニカのセキュリティブログの記事によれば、ウイルスチェックのためにユーザーからアップロードされたファイルは、“VirusTotal Intelligence”という有償サービスの契約企業がそれを自由に使える仕組みになっているらしい。
    そして、多くのアンチウイルスソフトベンダーが最新のウィルス、マルウェアの研究のためにVirusTotal Intelligenceを有償契約しているという。

    トップページに「このファイルをVirusTotal がセキュリティ コミュニティで共有することに同意したと見なします。」とはっきり書いてはいるけど、そういうビジネスモデルだったのね・・・頭のいい仕組みだこと・・・

    しかし、問題はチェックのためにアップされてるファイルに、特に日本からは社外秘に相当するような内容のオフィス系ドキュメントやeメールファイルが多く見られるとのこと。

    実際、マクニカの検証実験によると、そういったウイスルチェックのためにアップロードされたファイルは後に様々なところでダウンロードされて開かれた形跡がはっきり見られたという。

    非常に便利なVirusTotalだけども、これはVirusTotalの仕様であるそうなので、個人のファイル等、なんでもかんでもチェックにかけるようなサービスではなく、その辺の「仕様」を頭に入れながら怪しげなファイルにだけ利用しましょう、というお話。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。