アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    マイナンバーカード、発行数は申込数の約2割

    マイナンバーカード(個人番号カード)の平成27年度の発行枚数は227万枚で、これは既に発行の申請をしている1019万人の約2割にしかならないという産経新聞の記事があった。
    http://www.sankei.com/politics/news/160405/plt1604050005-n1.html

    システム障害が続いて発行処理が滞っているためだが、実際、私の家族も昨年12月に申請してるが、4月に入ってもなんの連絡もない。
    システムが正常化してから申し込もうと思っている人も多いと思うけど、もし近々、システムが正常化したとしても、滞留している800万人分の発行処理が先なので、これから申し込みするひとの発行はかなり先になるのではないだろうか。

    また、先日、読売新聞で「マイナンバーカードのICチップには不正アクセス防止のためのデータ自己消去機能があり、システムトラブルを不正アクセスと誤認して使用不能になる」という報道があったが、この記事は総務大臣の記者会見によると誤報であるらしい。
    http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000479.html

    記者会見でも説明されてるが、朝日新聞の「回線が混み合って通信が途切れることがあり、その場合にサーバーのデータベースに暗証番号が登録されないせいで使用不能」というこちらの内容の記事のほうが正しいようだ。
    http://www.asahi.com/articles/ASJ454GK2J45ULFA00L.html

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。