アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    TeslaCryptで暗号化された全てのファイルが復号できるように

    昨年から全世界で猛威を振るっていたランサムウェアのTeslaCrypt、特に暗号強度が上がったVersion 3.0以降は身代金を支払う以外に復号する方法もなく、全世界で被害者が続出していた。

    しかし、ESETの研究員がTeslaCryptの開発者にサポートサイトを通じて連絡を取ったところ、開発者からプロジェクトの終了とマスター復号キーの提供を受けたという。


    teslacrypt-closed.png


    このキーは公開されているので、現在、そのESETの開発したツールや以前からTeslaCrypt 1.0/2.0の復号ツールだったTesla Decorderのアップデートにより3.0、4.0も復号できるようになった。

    http://www.bleepingcomputer.com/news/security/teslacrypt-shuts-down-and-releases-master-decryption-key/
    http://www.security-next.com/070038/
    http://canon-its.jp/eset/malware_info/news/160519/

    最近はcryptXXXにシフトしていってたとはいえ、猛威を振るっていたランサムウェアのまさかの展開、誰も予想できなかったように思う。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。