アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2時間半の間に14億4千万円が不正に引き出される

    衝撃的な事件が起こった。

    読売や産経、NHKなどの報道によると、5月15日日曜日の早朝5時過ぎから8時前までの約2時間半の間に、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、長野、新潟、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、佐賀、長崎の17都府県のセブンイレブンの中のセブン銀行のATM 1400台から総額約14億4000万円が偽造クレジットカードによって一斉に不正に引き出されたという。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20160521-OYT1T50136.html
    http://www.sankei.com/west/news/160522/wst1605220040-n1.html
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160522/k10010531111000.html

    引き出しの元になったカードは、南アフリカの銀行から流出したクレジットカード情報を書き込んだ偽造カード1600枚分で、国際キャッシングのサービスを使い、日本のセブン銀行のATMから引き出したらしい。

    セブン銀行のATMの一回あたりの引き出し上限額は10万円なので、これを1万4000回繰り返して14億4000万円を引き出したとのこと。
    ATMは1400台ということなので、平均すると1台あたり100万円ちょっと引き出されている。
    また、繁華街のセブンイレブンにはATMが2台あるところもあるけど、多くは1店舗1台なので、1400店舗近くのATMで実行された可能性が高い。

    つまり、要約すると、日曜日の早朝の銀行側の警備の薄い時間を狙って

    ・全国の1400店舗近くのセブンイレブンで、2時間半の間に、1600枚の偽造クレジットカードを使い、1枚あたり平均90万円を10万円ずつ引き出すことを1万4000回繰り返して不正に金を引き出した

    ということになる。
    読売には100人以上の犯人、と書かれているけど、一体何人が共謀して実行したのだろうか
    以下は仮定だけど、

    もし100人だったら、一人あたり16枚の偽造クレジットカードを持って、2時間半の間に14店舗を巡って、10万円を140回引き出ししたことになる。

    もし160人だったら、一人あたり10枚の偽造クレジットカードを持って、2時間半の間に8~9店舗を巡って、10万円を90回引き出ししたことになる。

    いずれにしても大掛かりな組織が動いていることは間違いない。
    犯人はおそらく外国人グループの可能性が高い。

    しかしセブン銀行のシステムもかなり情けない。
    いくらなんでも日本全国のセブンイレブンのATMでほぼ同時に海外発行のカードで10万円が何度も何度も1万4000回も繰り返し引き出されても、終わるまで犯罪に気付かなかったなんて・・・

    この14億4000万円の損害はいったいどこが被るのだろうか・・・

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。