アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    PLCの今

    8~9年前くらいだろうか、PLCという家庭のコンセントプラグをLAN配線代わりにしてしまうという規格が盛り上がったことがあった。
    規格が3つに分裂していたこともマイナス面だったが、ほかにも、家庭電化製品のノイズの影響をかなり受ける、その少しあとからスマートフォンが普及し始め、無線LANのほうが必要とされた、無線LANが11nから11acへと高速化していったためそれと比べると速度面で太刀打ちできなくなった、などの理由からしばらくしてフェードアウトしてしまった感じだ。

    もうPLCなんて消えたんじゃなかったのか、なんて思ってたそんな中でパナソニックの開発したHD-PLC規格(他はHomePlug規格、UPA規格)は、3年前には第三世代HD-PLCをリリースするなど、着実に開発を続けて、速度や距離も向上しており、現在は、エレベーター内で利用されるなど、主にBtoBで利用されているらしい。
    http://japan.cnet.com/news/service/35089788/

    距離や電波干渉などの面で、無線LANではどうしても安定して通信ができない、という状況も起こりうるので、そういう状況では進化したHD-PLCが救世主になるというケースもあるかも。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。