アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Windows Update 不具合 (追記あり)



    9月30日にWindows 10用にリリースされて問題を起こしていたKB3194496というアップデートプログラムに置き換わって、KB3194496のEdgeの不具合のみを解消したKB3197356が10月6日にリリースされたが、このKB3197356を入れると、当初のKB3194496では発生していなかった別の不具合が出るケースがあるらしい。
    内容はスリープからの復帰に失敗してしまうケースがあるという。
    http://freesoft.tvbok.com/win10/rs/kb3197356_sleep_failed.html

    もうメタメタだなぁ。
    明日は毎月第2火曜日の翌日(時差の関係で第2水曜日とは限らない)であるWindowsの定例アップデートの日であるため、先月末から引きずっているアップデートプログラムの不具合の問題が直るのか興味あるところである。


    10月12日追記
    上記のサイトによると、原因が特定できたらしい。
    原因は、
    Geckoエンジンを使った古いHTMLエディタが立ち上がったままスリープした場合→終了すれば復帰
    NVIDIAのビデオボードのドライバ→ドライバ更新で復帰
    マイクロソフトのワイヤレスマウスのドライバ→ドライバ更新で復帰
    ということらしい。

    最初、3つの条件がすべてそろった場合になるのか?と思ったけど、マウスドライバの項の「NVIDIA GTX1070のドライバを更新した後にこちらの問題が発生したような感じ」ということからすると、どれか1つでも該当していれば、症状が発生するっぽい。

    問題はNVIDIAのほうはKB3197356と同日の10月6日に新しい対策版?ドライバーがリリースされているけれど、マイクロソフトマウスのほうの新ドライバーのリリースは10月9日ということ。

    かなわんなぁ・・・
    こういうことがあるから、Windows10のHomeエディションのWindows Updateの更新する日時を自分で決められないというのは、非常によろしくない仕様のように思う。
    Proエディションのように、例えば自分で1週間経ってからWindows Updateするようにした場合は、少なくともマウスのドライバーの問題は回避できていたということになる。
    デフォルトは全自動インストールでもいいが、HomeでもPro同様、そういう選択も設定でできるようにするべきかと。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。