アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    7SPOT、タウンWiFi アプリからの接続を遮断

    タウンWiFiというスマホ用アプリがある。
    これは面倒な個人情報の登録や接続の操作をしなくても、一度入れてしまえば、さまざまな無料無線LANスポットに自動接続できるということで夏ごろからすごく人気になっていた。
    しかし、このアプリ、昨日から7SPOT側から接続を拒否されるようになったらしい。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1610/20/news114.html
    http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1610/20/news050.html

    記事だけみると、意見が対立しているようにみえる。
    しかし、これはタウンWiFi側が悪いだろう。

    『タウンWiFiを運営側は、各サービスの規約について、「アプリのユーザー登録時に一覧表示している」と説明する。』
    と言ってるそうだが、アプリをインストールした後のユーザー登録画面で必要なのは、生年月日と性別のみで、ここに「利用規約」のボタンがあるのだけど、このボタンを別に押さなくても、ユーザー登録できて接続もできてしまう。

    また
    『各サービスへのユーザー登録も「している」と話す。「事前にユーザに登録してもらった情報と、当社がユーザ毎に独自に発行しているメールアドレスを利用し、各事業者への会員登録を自動化している」という。』
    とあったけど、まさか、こんなイレギュラーな方法で接続していたとは・・・

    7SPOT以外のコンビニなどの無線LANにも接続できるけど、これだと、どこからも許可を取らずにやってそうだ。

    ちなみに従来からあった、もう一つの有名な無線LAN接続アプリのJapan Connected-free Wi-Fiのほうは、NTTBB製だけあって、さすがというか当然というか、ちゃんと事業者の合意を得ての接続となっている。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。