アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    山手線の車内でモバイルバッテリーが発火

    今日、山手線の車内で乗客のモバイルバッテリーから発火するという事件があったらしい。
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/04/news030.html
    http://blog.esuteru.com/archives/20006129.html

    車内に白煙が充満し、化学物質が燃えるような臭いが鼻についたという。
    写真を見るとモバイルバッテリーはかなりの黒焦げ状態。

    下の記事ではLumsingというメーカーのじゃないか、という話が出ているが、Amazonでそれらしき製品を見ると、

    「【高い安全性】多重保護のICを使用している為、過充電、過放電、加熱、短絡などの危険を避けることが可能です。」

    なんて書いてるけど、無名中国メーカーの製品の謳い文句なんてそのまま信用してはいけないなぁ、と。

    今年は5月に羽田空港行の国際線航空機内で乗客のモバイルバッテリーが発火
    http://www.traicy.com/20160507-ZVaccident

    7月には東京ディズニーランドのショーの開演中にモバイルバッテリーが発火
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/08/news141.html

    8月には、新千歳空港発羽田行のスカイマーク機内でもモバイルバッテリーが発火し緊急着陸
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082200130&g=soc

    9月~10月にもモバイルバッテリーから発火した事故が3件
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/18/news143.html

    11月にも住宅内で破裂し、火災になった(上のと同じ製品)
    http://spwww.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000382370.html

    と報道されたものだけでも毎月のように発火、発煙、破裂している。

    おそらく、報道されてないものも多くあると思うので、実際にはもっと事故は起こっているだろう。
    安いからと安易に名も知れぬメーカーのを買うと、とんでもないことになるかもしれない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。