アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アマゾンお急ぎ便

    結局、アマゾンで出てるビクターのBD-RE 10枚パック2720円が日本製で安いので、これを買うことにする。(どうも中身はTDKのOEMらしい)
    お目当ての商品は、0時までに注文すれば、お急ぎ便で350円の送料、0時を過ぎて午前9時半までに注文すれば、当日お急ぎ便で500円の送料で届けてくれるようだ。
    0時までに注文すれば少し安くなるのは分かってたが、あえて10月に新聞記事を読んでから、ちょっと試してみたかった「当日お急ぎ便」のほうで、を午前3時頃に注文。
    当日お急ぎ便の500円を払っても、量販店の価格よりまだ安い。
    当日お急ぎ便で、さて、いったい何時頃に届くのだろうか。
    しかし、信頼できる日本製のリムーバブルディスクが、25GBx10枚で、2720円とは安くなったものである。
    (しかもこれはスピンドルではなく、ケース入りで。)
    容量あたりの値段は、DVD-RW、DVD-RAMと比べて圧倒的に安い。
    250GBで、2720円ということは、1GBあたり、10.88円である。
    外付けハードディスクが、だいたい1TBで、10000円ちょっとぐらいで売られていることが多いので、ほぼそれと同等だ。
    いままでこういった計算だとハードディスクが圧倒的に安く、リムーバブルディスクはそれと比べるとだいぶ高かったのだが、ブルーレイがもっと普及すれば、ハードディスクの値段の下落を追い越してBD-REのほうが容量あたりの値段は安くなるかもしれない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。