アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    修理

    サービスマンの人が修理にきた。
    その時に幸か不幸か、症状は出なかったのだが、予約録画開始後、数分で録画が終了し、エラーメッセージが出ている画面を見てもらった。
    あまり見ない症状らしい。
    原因としては、基板とハードディスクのどちらかの可能性が考えられるという。
    修理内容としては、その基板とハードディスクを両方新しいものに交換するという。
    ただ、ハードディスクの交換をすると、録画番組がすべて消えてしまうので、残したい番組があるならディスクにバックアップを取ってもらう必要がある。その場合は、今日は修理せずに、数日後に再訪しますがどうしますか?とのこと。
    こちらとしてはバックアップは取った(ダビング中に電源が落ちて何度もやり直して苦労したが・・・)ので、修理をお願いした。
    ユニット交換なので、あっさりしたもので、基板とハードディスクの交換で10分かからず終了した。
    ハードディスクは交換前のも、交換後のも日立製だった。
    交換後に、録画や操作を試してみて、問題ないか見ていたが、今日は症状がでていないので、本当に直ってるのかどうか今の時点では分からない。
    まぁ、これで様子見てください、と。
    来てくれたサービスマンの人は、非常に感じがよいひとでよかった。
    これで直ってればいいが。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。