アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    HDD

    最近、ノートパソコンの調子が悪くて、データをバックアップして修理に出さないといけない状態になっているので、容量の大きい外付けHDDが欲しいと思ってたところ、近所の家電量販店でIOデータとバッファローの1TBの外付けHDDがどちらも8800円で出ていて、ポイントも5000円程溜まっていたので、購入することに。
    どっちにしようか少し思案した結果、バッファローの筐体は倒れやすそうだったので、IOにほうに決定。
    いや~、しかし、1000GBが、メーカー品の外付けで、9000円以下とは安くなった。
    バルク品のベアドライブでも現在、1TBは、7000~8000円するので、それと比べても高くはない。
    ただ、箱を開封してみると、数年前に購入した同じIOデータの160GBのと比べてみると、ケースのコストダウン化が激しいように思える。
    160GBのはアルミ製のガワで放熱性をウリにして、ケースもネジで組んであるが、今回買ったものは、ガワはすべてプラスティックで放熱は上下に穴が開いてるだけで、すべて、はめ込み式で組んである。
    メーカー製の外付けHDDを買ってやはり一番気になるのは、中のドライブのメーカーがなにか、ということになるが、ちょっとどきどきしながら、Cystal Disk Infoを実行してみると、
    Western DigitalのWD10EADSという製品のようである。当たりのようだ。
    kakaku.comの同製品の掲示板を見ても、かなりの高評価。
    回転数は5400回転のようだが、プラッタは500GBあるし、どうせUSB2.0では、頭打ちになって速度がでないし、むしろ発熱しないメリットのほうが大きい。

    調子に乗って、Western DigitalのサイトでRMAを見てみる。

    WD.jpg

    なんとRMAまでついている。
    これで、ケースを割ってベアドライブとして使っても保証アリで期間も3年弱に伸びた!
    最近は、外付けドライブの中のドライブもRMAがついているのが当たり前なのかな?と思って調べたら、同じWesternDigitalでも、バッファローの500GBの外付けHDDにRMAがついてなかったとのブログもあったので、IOのほうで当たりだったみたい。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。