アプリケーションによる判断基準

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    メモリチェック

    メモリがおかしいんじゃないかと思って、メモリチェックツールを走らせてみる。
    Memtest86+をCDブートで実行。
    すると、なんとSPD情報に、"A-DATA Technology"という表記とシリアルナンバーが出る・・・

    memtest1.jpg

    なに~~、Elpidaじゃなかったよかよ~!?
    もしかして、リマーク品??
    いやいや、まさか・・・ メーカー品だし。
    RAMにコントローラーとかないよねぇ!?
    チップだけElpidaで、製造がA-DATA??
    しかし、A-DATAと聞くだけで不吉な予感がする・・。
    なにしろ、昔、SDカードの販売時に大量の初期不良だされたことがある。

    恐る恐るテスト実行。
    最初のうちは順調。
    Test #4までクリア。しかし・・・

    memtest2.jpg

    Test #5で大量のエラー!!
    ショック・・・

    もうひとつ試してみたのは、以前GIGIZINEで紹介されたMemScopeというソフト。

    memscope.jpg

    こちらもエラーでまくり・・・
    あと、(+ではない)Memtest86でもエラーが出た。
    さすがに、このメモリチェックツールの結果からすると、メーカー公称値を超えた増設をしたから、ではなく、メモリ自体が初期不良の可能性が高いと思われる。
    自分のデジタル製品のなんと当たりの悪いこと・・・

    しかし、手続きが面倒くさいなぁ。Amazonだし。うむ~~。

    ちなみに、マイクロソフトの"Windows Memory Diagnostic"を試したけど、エラー出ず。
    役に立たん。

    コメントの投稿

    非公開コメント

     
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QRコード
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。